速筋派か?遅筋派か?疲労耐性は?運動遺伝子を検査してみたよ

投稿日:2015年12月3日 更新日: 223 views

筋トレを頑張るのは良いんだけど、自分に筋肉がつきやすいのかつきにくいのか、どういうタイプの体質なのか、気になった事はありませんか?

僕は凄く気になります、ヤバイぐらい気になります!!

って事で今回はなんと遺伝子で分析して「どんなエクササイズ体質なのか」「どの運動能力タイプなのか?」などを教えてくれる「DNA EXERCISE」をやってみました!!

公式サイト→DNA EXERCISE

って事でこれについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

速筋派か遅筋派か調べられる

今回の検査では要するに「速筋派か?遅筋派か?それを調べる事が出来ます!」

それは…凄く知りたいですよね…僕は凄く知りたくなりました。速筋が多くありたい、マッチョになりたい…!!

速筋とは?

人間の筋肉には「速筋(白筋)」「遅筋(赤筋)」と呼ばれるものが存在します。

まずはこれについて紹介したい。

速筋とは瞬発的に使う筋肉を指し、主に糖質をエネルギー源としております。

マッチョになるためにはこの速筋が必要で、僕がいつも言っている「高負荷低回数のトレーニング」は速筋を鍛えるためのものです。

プロレスラーみたいなムキムキになるためには速筋が多く必要で、その為には高重量の物を扱うのが一番早い…って事です。

またダッシュなどの無酸素運動でも速筋を必要とします。

速筋は遅筋と違って乳酸が溜まりやすく疲れやすい筋肉です。爆発力はあるが、持久力はないって事ですね。

そして上記の通り、太い筋肉とも言えます。

遅筋とは?

遅筋とは有酸素運動字に使用される筋肉で、持久力が高い筋肉になります。

主に脂肪をエネルギー源とするので、ダイエットをする際にこの遅筋を使って有酸素運動をするのは有名ですね。

こちらを鍛えるには低負荷高回数のトレーニングが適しています。

検査結果の判別の仕方

検査をすると、この3項目がわかるようになります。運動好きからするとこれだけでも興味深いです。

判定遺伝子結果
ACTN3
(速筋と遅筋どっちが多いか)
R/R型(1型) R/X型(2型) X/X型(3型)
ACE
(運動時の疲労が出やすいか出にくいか)
I/I型(1型) I/D型(2型) D/D型(3型)
PPARGC1A
(運動効率が良いか悪いか)
G/G型(1型) G/S型(2型) S/S型(3型)
  • 速筋と遅筋のどちらが多いのか?
  • 運動時の疲労度を感じやすいタイプか?感じにくいタイプか?
  • ミトコンドリアの生成機能の強さは?これによって長時間の運動に適しているのかわかります。

この3種類がわかるだけでもかなり自分の特性がわかりますよね。

ってわけで気になったから実際にやってみたYO!!

スポンサードリンク

DNA EXERCISEの遺伝子検査のやり方

DNA EXERCISEの遺伝子検査のやり方
ネットで注文するとこのような箱が届きます。

DNA EXERCISEの遺伝子検査のやり方
裏面には検査のやり方が親切に書かれています。ググる必要はありませんね。

DNA EXERCISEの遺伝子検査のやり方
中に入っているのは説明書、同意書、検査機、返送用の封筒の4つです。

DNA EXERCISEの遺伝子検査のやり方
こちらが検査機である綿棒と、名前を貼るシールです。

自分で行う手順

食後30分以上経過している状態で、お口をしっかりゆすいで綺麗にします。

次に綿棒を箱から出します。そして頬の内側にこすりつけます。左右に5回づつこすりつければOKです。

後は綿棒をちょっと振って乾かしてから綿棒を元のカプセルの中に戻します。

後はシールに名前を書いてカプセルに貼り付けて完了です。

次に同意書をしっかり読んで、内容に納得したなら同意書にサインをします。

後はカプセルと同意書を封筒の中に入れて、封筒に自分の住所氏名などを記載してから糊でしっかりと封をしてからポストに投函するだけです。

1~2週間ぐらいで届くと思います。僕の場合は1周間ぐらいで届いたかな~念入りに綿棒でこすったから早かったのかな…笑

僕の運動遺伝子の検査結果

DNA EXERCISEの遺伝子検査の結果
このようなものがポストに投函されてくるので、中に結果が入っているわけでございます。

では早速僕の運動遺伝子の検査結果を紹介したいと思います!!

DNA EXERCISEの遺伝子検査の結果
なんと!このような結果になりました!!

ハイ、これだけだと意味がわかりませんよね。説明したいと思います(笑)

速筋と遅筋はバランス型

速筋と遅筋の配分を調べる「ACTN3」の項目ではR/X型(2型)と診断されました。これの内約はというと。

速筋と遅筋の割合も標準的なタイプで、瞬発系と持久系の全般的な運動能力に適しています。

人、それを普通と言う…!!

普通やん!!僕普通やん!!しかも全体の54%がこれらしいわ!普通だわ!キングオブ普通だわ!!

運動時に疲れを感じにくいタイプ

運動時の疲労度を調べる「ACE」についてはI/I型(1型)と診断されました。これはと言いますと。

血管拡張能力が高く、運動による疲れを感じにくいタイプです。

なんと、僕は運動時に疲労を感じにくいタイプだったようです。なるほど!道理で「根性でなんとかするタイ!!」と頑張ったらいつも怪我するわけだ。

どうりで昔から知らないうちに自分の限界超えて怪我するわけだよね、馬鹿だね…。

ちなみにこれは全体で40%という普通の結果です、また普通やんけ!

運動効率は良いタイプ

ミトコンドリアの生成や機能を調整し運動効率に関係するという「PPARGC1A」についてはG/S型(2型)と診断されました。

これはというと…。

ミトコンドリアの増殖両やエネルギー生産量は中間的なタイプです。運動の継続による運動効率は良い

そしてやっぱりこれもまた50%に該当する一番普通のタイプでした!ドゥーン!

アカン…普通や…僕は普通や…ザ・凡人やった…速筋に秀でていたかった…でも遅筋に秀でてなくて本当に良かった…。

スポンサードリンク

速筋と遅筋の割合がわかっただけでも良かった

正直速筋と遅筋の割合がわかっただけでも良かったです。本当に速筋が欲しい派なので、これで遅筋派だったらマジで泣いてました。

何よりトレーニングを根本的に見直そうかなぁ…とも思っていたので…まぁ中間なら良いかなと…もちろん速筋派が良かったけど…。

正直これまでの自分の体格考えても、運動能力を考えても速筋派である確率は低かったので…まぁ当然の結果だとは思います…笑

でもこの「遺伝子レベルでわかる」ってのは正直面白いです。もちろん参考程度にしかするつもりはありませんけどね。

速筋派じゃないからってマッチョになる夢を捨てる気はありませんでしたから、成せば成るです…!!笑

運動遺伝子以外も調べる事が出来る

今回調べたのはあくまでもエクササイズ遺伝子でした。



公式サイト→DNA EXERCISE

効率よくトレーニングをしたい人は自分の適性遺伝子を知っておくのも有りだと思いますよ。

ダイエット遺伝子も調べられる

凄いなと思ったのが、同系列でダイエット遺伝子も調べられるのですよ…これ今度やってみようかなー?って実は思ってますが…笑

なんと内臓脂肪や皮下脂肪のつきやすさはもちろん、高カロリー食を好む遺伝子なのか、筋肉がつきやすい遺伝子か、また一度筋肉がついたら落ちにくい遺伝子かなどを調べる事が出来ます。

公式サイト→ダイエット遺伝子分析キット

ダイエットをしたい人にはこっちを調べて見るのも良いかも知れませんね。ただぶっちゃけると僕は糖質制限して筋トレすれば絶対痩せるとは思っているので…笑

なので「絶対やった方が良い!」とは言えませんが、知りたい人はやってみては如何でしょうか?。

アルコール耐性も調べられる

僕は酒にめちゃくちゃ弱いんですけど、アルコールの適正遺伝子についても調べる事が出来るんですねぇ~。




公式サイト→アルコール適性遺伝子キット

アルコールに強い人は調べなくても問題ないと思いますけど、すぐに赤くなる人や二日酔いになりやすい人「あんまり飲まない方が良いのかな?」って思ってる人は一度調べてみても良いかもしれませんね。

飲酒に酔って発生する健康障害のリスク判定なども行ってくれるので「将来こういう病気になるかも?」という心配がある人はチェックしておくと良いかも知れませんね。

正直肥満よりはこっちのが僕は気になるかな…本当に酒が合ってない気がする時もあるので…。

何にせよ遺伝子検査面白いな~とは思いました。実用性があるかはまた別の話ですが…笑



Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.