「短期間で痩せる方法」を試す際に気をつけて欲しい事まとめ

投稿日:2016年1月28日 更新日: 1,044 views

ダイエット

誰だって「短期間で痩せる方法が知りたい!」って一度は思うでしょうけど、個人的には「それはやめた方が良い」って事を今回は言いたい。

短期間で痩せる方法は一応あります。それなので、あまりオススメはしませんがその方法と、何故オススメしないのかを今回紹介したいと思います。

短期間で痩せる方法は単純な話、栄養を遮断すれば出来てしまうのです。

人間が太る理由・痩せる理由

当たり前すぎる話ですが、一応ここから書いておきたい「人間はどうして太るのか?」それは消費エネルギーよりも摂取エネルギーの方が勝っているからですよね。

消費エネルギーとは要するに運動などをして使っているエネルギーの事、そして摂取エネルギーは食べている食料から摂取したエネルギーの事です。

これが多いと太ると言うだけの話なんです。

どうしたら痩せるのか?

では人間はどうしたら痩せるのか?消費エネルギーを増やすか、摂取エネルギーを減らすか、またはその両方を行うか、これしかないわけですよね。

そしてそれを極端にすればするほど、一時的には痩せます。あくまで一時的ではありますが…。

要するにあまり食事を摂らずに運動だけすれば良いって事です。

ただ繰り返しますが、あまりにも極端に制限する事は僕はオススメしません。

最も太るのは主食となる糖質

そしてよく勘違いされているのは脂分やお肉で太るのではなく、お米・パン・麺類などの炭水化物と、フルーツやジュースなどの甘いものになります。

特にお米などの炭水化物をガンガン食べると一気に太ります。

実際に僕がそれを試しているんですが、お米を抜くか食べるかでかなり違います。お米を抜いてお肉ばかり食べているとガンガン痩せていきます。

その上で筋トレもしているともっと痩せるので、僕はそれが一番痩せる方法だと思います。

糖質を完全カットするとリバウンドを招き不健康になる

ただ完全にカットすると飢餓状態に陥るので、個人的にはあまりオススメしません。筋肉と脂肪は同時に失われていくので、この場合どんどん脂肪も筋肉も一緒に失われていきます。

そうなると最終的にはガリッガリの骸骨みたいな体になってしまいますし、何より健康を損なってしまいます。

また完全にカットしてしまうと恐ろしい程に食欲が増しますし、我慢が大変になります。

また糖質が足りないと精神面にも影響するので、集中力が欠如したりもするので、僕はオススメしません。

以下にリスクについてまとめておきます。

  • 集中力の欠如
  • 逆に食欲が抑えられなくなる
  • 拒食症になる可能性がある
  • 必要な筋肉も一緒に失われていく
  • 肌や爪が汚くなる
  • 肉割れをしてしまう
スポンサードリンク

短期間で痩せるデメリット

正直な話、食事をほとんど摂らなければ嫌でも痩せます。

そして実は炭水化物をカットするだけでもかなり痩せます。本当にびっくりするぐらい体重が落ちていきます。

僕は炭水化物をほぼ完全カット、甘いものも完全カット。そして毎日お肉と野菜だけにしたら、それだけでガンガン痩せました。

その上で筋トレをして、その上でプロテインを毎日飲んでいたのに、更にガンガン痩せました。

でもそしたら筋肉も一緒に失われていったんです。

筋肉が失われるデメリット

プロテインは一日に3杯飲んでますが、それでも足りない。やっぱりある程度の糖質は必要なんだなぁ…と改めて実感しました…。

もしこれでプロテインやお肉も摂取していなかったら…もっと痩せていたと思います。

ですが確実にこれは体を壊すな…と言う事も実感しました。

そしてもし筋トレをしていなかったら、もっと痩せるのは遅いでしょう。

そうなると「もっと痩せるために食べてはいけない」ともっと食事制限を悪化させると思うんです。

こうなると拒食症のような状態になりかねません。

だから僕はこの方法はオススメしないんです。何より辛いですし、一番は体を確実に壊すからです。

筋肉が減ると消費カロリーも減る

筋肉が減ってしまって一番痛いのは消費カロリーも減ってしまう事です。

そうなると運動をしても消費カロリーが減りますし、何より見た目も弛んで醜くなってしまいます。

筋肉が減れば基礎代謝も落ちていくので、徐々にお腹が減るペースも落ちます。ですがそうなると痩せるスピードも落ちます。

つまりどんどん悪化していくわけです。これがあるのがダイエットの怖い所です。

急激に痩せると肉割れを起こす

人間は急激に痩せたり、急激に太ると肉割れを起こす可能性があります。

肉割れの原因はざっと紹介するとこのようになっています。

  • 乾燥
  • 急激な太る
  • 急激に痩せる

これらになるんですね。

要するにほぼ絶食して急激に痩せても、我慢の限界が来て食べても、肉割れの原因んになるんです。

だから今回テーマにしている短期間で痩せる方法とは「無理なダイエット」に入り、肉割れの原因にもなるんです。

肉割れ起こすと結構悲惨なので、僕はこれは絶対的にオススメしない…というわけです。

運動せずに痩せても美しくはならない

よく「運動せずに痩せたい」「短期間で痩せたい」って話がありますが、どうしても運動せずに痩せるのは厳しいです。

運動せずに痩せるなら食事を減らすしかない。

そうなると筋肉が失われて体型が乱れ、栄養が枯渇するので髪の毛の質も悪くなりますし、当然肌も汚くなり、爪もボロボロになります。

栄養失調状態になっている人が美しいはずがないんです。無理なダイエットとは要するに栄養失調になる事ですから。

この「短期間で痩せる方法」を突き詰めていくと沢山のデメリットが発生します。

ですが短期間で痩せるのも、労力や努力を伴う場合は成功する可能性も出てきます。

それについて紹介していきます。

筋トレしながらゆっくり痩せるのがベター

あくまで僕はこれを推奨します。筋トレや有酸素運動を交えながらゆっくり痩せる方法です。

決してそこまでキツイ事をやるわけではなく、単純に「良い運動になる程度」で行う事が前提です。

僕がやっていた流れについても紹介します。

食事制限はちょびっとだけ行おう

食事制限は必要ですが、あくまでお菓子などの糖質をカットしましょう。

またジュースを辞めて、お茶や水分を増やすだけでも大きいです。

炭水化物は朝と昼のみで夕食からはカットするのがベターです。朝とお昼は活動するわけなので、炭水化物は必要です。

夕食はもう寝るだけなので炭水化物は不要となります。また出来れば夕食は早目に済ませるようにしましょう。

食べてからすぐ寝たら栄養が体に残ったまま急用を取る事になるので、結局脂肪になりかねません。

食事制限について気をつける事は大体これぐらいになります。

実は主食を炭水化物から野菜やお肉に変えるだけで、一気にや得ますよ。

筋トレを週2回ぐらいで行う

筋トレを週二回ぐらいの頻度で行いましょう。初心者の場合はこれらのメニューで十分です。

部位によって日数は異なりますが、筋トレは行ってから2~3日空けて行わないと意味がありません。

だから毎日やる必要は全くありません。筋トレをする事でアフターバーン効果もあるのでダイエット効果もかなり高まります。

正直な話、これらで全然痩せると思うんですよね僕は…。

これ以上については正直不要だと思うレベル。

どうしてもそれで痩せる自信がない場合は、お金を使っても良いからプライベートジムに行く方が良いって話になると思います。

スポンサードリンク

自分で管理出来ない人は個人ジムに行こう

食事や運動を自分で管理出来ない人の場合は、多少お金をかけても良いからプライベートジムに行く方が良いと僕は思います。

ライザップなどで有名な個別に対応してくれるジムです。マンツーマンで自分に合ったトレーニングや食事を教えてくれるので、一番痩せやすいと思います。

自分で考えてコントロールして行うのが苦手で「人に教えてもらってなら出来そうなら」そちらの方が良いと僕は思います

また「多少お金をかけても良いから自分を変えたい!」と思っている人も、そちらの方が良いと思います。

特にどうしても短期間で結果を残したいなら、短期間で結果を出してくれるジムに行く方が良いんじゃないでしょうか?

ただ忘れてはいけないのが、ダイエットは結局継続しなければ意味がありません。

仮に2ヶ月で痩せる事が出来たとしても、その後にリバウンドしたら何の意味もありません。

「短期間だけ頑張って、後は戻せば良いや」と思っていると、結局激ヤセした後の激太りになって、肉割れするだけだと僕は思います。

だからもし本気でやるなら「徹底的に自分の食生活や運動習慣を変える」ぐらいの覚悟で行わないと無意味なのではないでしょうか?

もし本当に短期間で痩せる事を目標にしているなら、これらについて考えてからおこなってみて欲しいです。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.