筋トレやダイエットに即効性を求めてはいけない理由は?

投稿日:2016年2月5日 更新日: 48 views

筋肉むきむき

筋トレやダイエットをする際に、どうしても即効性を求めてしまいますよね…。

すぐムキムキになりたい!すぐ痩せたい!そう思ってしまうのは仕方ありません。

でも実際にはそんな上手い話は何処にもないのです…って話を今回はしたいと思います。

一番注意して欲しいのは「ちょっとやって効果がないと判断するのは大きな間違い」って事です。

スポンサードリンク

即効性を期待して行ってはいけない

筋トレもダイエットも、一週間や二週間で効果が出ると思ってはいけません。

どうしてもダイエットや筋トレは1~2週間やってみて、そこで効果が出ないと「もうや~めた」となってしまう人が多すぎる気がします。

短期間で効果は出ない

筋トレは短期間では効果は出ません。それについては過去に記事にしてまとめています。

短期間で効果を出すのは実に難しい。特に筋トレ経験がない人がいきなりマッチョになれるはずがありません。

見た目的に変化が起き始めるまでに数ヶ月が必要だと言われているぐらいです。

その時間が必要な事を念頭に置かないと、すぐに諦めてリタイアするきっかけになりかねないのが危険です。

時間が必要だと最初から理解して取り組もう

筋トレもダイエットも、すぐ効果が出るようにと期待して行うと、たったの数週間で「効果ないじゃん!」と辞めてしまう事になります。

でもそれ、たぶん続ければ効果があるものなんですよ…続ければ成功していたのに、そこでやめちゃうからリバウンドをしてしまうんです。

実に勿体無いですよね…。

短期間で急激に身体に変化を与えない方が良い

「鍛え上げた筋肉はどれぐらいサボれば衰えるのか?」僕も疑問に思った事があります。

これを調べてみると「鍛えた期間に比例する」んですね。

つまり2週間筋トレした筋肉は、2週間サボればもう衰えてしまうと言う事です。

これって結局筋トレにもダイエットにも言える事だと思うんですよ。

短期間に急激に肉体を変化させると危険

当然ですが、徐々に肉体を変化させるのは良いとしても、急激に短期間に肉体を変化させるのは健康に良くありません。

筋トレでは急激に負荷を与えると怪我の素ですし、ダイエットの場合は肉割れなどの原因になります。

急激に痩せるのも、リバウンドで急激に太るのも肉割れの原因になります。決して良い事はないんです。

無理をして1~2ヶ月で痩せた分は、ダイエットを辞めてしまえば同じ期間で元に戻るという事です。

スポンサードリンク

筋トレもダイエットも一生続けるつもりで行おう

筋トレとダイエットは一生続けるつもりで行いましょう。実際に僕は一生続けるつもりです。

ただし増量期と減量期を分けて考える事で、食べる時は沢山食べるつもりでいます。

それぐらいで続けないと、結局辞めてしまえばリバウンドをするから同じなのです。

筋トレを趣味にしてしまおう

筋トレは続ければ楽しくなるものです。

自分の扱える重量が上がっていったり、筋肉がついていったり、徐々に肉体が変化していく過程は実に楽しいです。

もちろん筋トレをしている時はかなり苦しい思いをしているんですが、その苦しみが快感になると人生観から変わります。

そこまでメンタルを持っていくのは難しい事だとは思いますが、出来るようになってしまえば鬼に金棒ですよ。

筋トレをしているからこそ、友人と出掛けた時とか、何かしらのイベント時には沢山食べても問題がなくなりますしね。

続けるには無理をしてはいけない

ダイエットも筋トレも、一生続けるつもりなら自分を完全に律して一切ジャンクフードもデザートも抜き…なんて生活は辛すぎますよね。

だから食事規制も常にカリッカリに行うのではなく「ある程度は食べて良い」と許容するのです。

効果に即効性を求めずに「徐々に痩せる」ペースを計算して導き出しましょう。

そうする事によって、普通の人が「え?ダイエットを一生続けるなんて辛すぎない?」って思う所を「実はそんなに我慢してないよ」と言えるぐらいの節制に抑えるのです。

特に若ければ若いほど、基礎代謝が高いのでちょっと筋トレや有酸素運動を加えるだけで、節制はちょっとで済むはずなんですよ。

そうやって無理せず続けられるラインを見つけ出しましょう。

消費カロリーと摂取カロリーの計算方法はこちらの記事で紹介しています。

即効性を求めれば求めるほど過酷になる

ダイエットも筋トレも、即効性を求めれば求めるほど過酷になり、かつリバウンドしやすくなります。

キツイトレーニングや食事規制を短期間で行い、それに負けて食べてしまったりサボればすぐに元に戻ってしまうのです。

それよりも上記したように「余裕のあるダイエット」「余裕のある筋トレ習慣」をつけてじわじわと肉体改造に取り組む方が僕は続けられると思います。

勿論、ある程度慣れてきて「筋トレすぐのが当たり前」「ダイエットするのが当たり前」と言う状況になったら、これまでより追い込むのも有りだと思いますしね。

僕は筋トレもダイエットも即効性を求めるのは否定派です。

ゆっくりじっくり、自分が楽しみながらずっと続けられるようにやるべきだと思います。

即座に痩せたり、マッチョになる事は出来なくても、塵も積もれば山となるので、僕はそちらの方が絶対に良いと思います。

ってわけで、ゆっくりじっくりマイペースで筋トレやダイエットに取り組んでみては如何でしょうか?

毎日ちょっとの食事やお菓子を我慢して、ちょっとの筋トレを行うだけでも、ゆるく長く続ける事が出来ると僕は思いますよ。

そうやって積み重ねた先に、自分の理想とする肉体があると僕は信じてます。



Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.