スポーツジムで初心者が守るべき最低限のマナーまとめ

投稿日:2016年3月16日 更新日: 210 views

イエローカード

スポーツジムに通うなら覚えておきたい最低限のマナーがあります。

どこに行っても一緒ですが、スポーツジムに行くとたまにマナーが悪い人はやっぱりいます。本当にこれはどこでも一緒ですけどね…。

今回はその「マナーの悪い人の例」を紹介したいと思います。ただ大体の事は常識の範囲内ですし、ほとんどの事はジムに実際に行けばスタッフの人が教えてくれるものばかりですよ。

スポンサードリンク

器具や場所の占領をしない

ジムにある器具は会員みんなが使うものです。順番待ちをしている人も見えなくても存在しています。

他のトレーニングをしている人でも「空いたらあそこを使おう」と思って待っている人は確実にいるんです。その事を意識てしておく事は大事だと思います。

おしゃべりをしてトレーニングをしない

よくあるのは、トレーニングをせずにしゃべり続けている人です。

頻繁に通っていると、徐々に知り合いが増えて喋る人も増えてきます。僕も何処に行ってもスタッフぐらいとはちょっとぐらいは話します。

でもその際に人が使うべきスペースに居座り続けるのはあまりマナーが良い行動とは言えません。

例えばトレーニングベンチに座ったまま話したり、ストレッチをするヨガマットの上で喋り続けるのは完全にマナー違反です。これらの行動を嫌がっている人は沢山います。

トレーニングをしないならすぐに場所を移動しましょう。器具や場所の占領は最も嫌がられます。

1つのトレーニングを終える20分前後で一度移動しよう

例えばベンチを使っていたとしても、一つのトレーニングを終えたら一度場所を移動しましょう。

ベンチは人気があるものなので、やりたがる人は実に多いです。そこでいつまでもベンチプレスをしたり、他のトレーニングをしたりしていると嫌がられます。

例えばベンチでダンベルを使っていたりすると「それは別の場所でやれ」と思われるものです。ベンチプレスをするとかならわかるんですが。

大体インターバルを考えても、一つのトレーニングメニューを終えるのに20分前後は必要になると思います。その20分前後を目安で一度別の場所に移動して、別のトレーニングをしてからそれで空いていたらまた使う…などの工夫をしてあげてください。

みんなが同じようにトレーニングをしたがってジムに訪れているので、ジム内の器具を独り占めして占領するのは最も嫌がられるマナー違反です。

人に「早く代わって」と急かさない

頑張ってトレーニングをしている人に対して「早く代われよ」と言うのは流石に酷すぎます。

僕は人相が悪いからかも知れませんが、そういう事を言われた事はありません。ですが結構よく聞く話でもあります。

長い時間占領している人がいる場合は、本人に直接言うのではなくスタッフに伝えてもらう方が確実です。

直接会員同士でその話をしてまうとトラブルのもとになるので気をつけましょう。

そういう喧嘩が起きてしまうと、周りの人も嫌な気分になってしまうので直接訴えるのは僕は得策だとは思いません。

インターバルとセット数について覚えておこう

また「休んでいるなら代わって欲しい」と思ってしまう事もあるかも知れませんが、実は筋トレには1セットづつでインターバルを取ります。これは大体の人が1分前後は取るものなので、小休止は必ずはさみます。

その上で3〜5セットを行うので、このインターバルを見て「休んでるなら代われ」と言われても困ってしまうので注意して下さい。逆にインターバルについて知らない方が馬鹿にされてしまうし、マナー違反に該当すると思います。

自分の場所を勝手に決めない

例えばロッカーの位置や、団体で行うタイプのレッスン系で「ここは私の場所」と決める行為はよく嫌がられるマナー違反の一つです。

ロッカーなどを契約してあって、自分の場所だと明確に決まっている場合は話が別ですが、特に決まっていない場合は貴方の場所ではありません。

もちろんそうやって勝手に自分の居場所を決めて、そこを使っている人に文句をつけるのはダメです。

基本的には早い者勝ち

フリースペースは基本的に早い者勝ちです。早く行った人が勝ちなので、そこで変なこだわりを持ってはいけません。

ちゃんとルールを守って、マナーを意識した上で施設は利用しましょう。いきなり遅れて現れて「そこはいつも俺が使ってるんだけど」なんて言われても、困ってしまいます。

スポンサードリンク

使い終えた後のマナー

ランニングマシンでもベンチなどでも、実は使い終えたらやるべきマナーがちゃんとあるので、それについても把握しておきましょう。

ただしこれらについてはたぶんジムに行けば教えてくれるものばかりです。むしろこのマナーについて教えてくれないジムは危険かも知れません…誰もそれを守ってなかったらヤバイですし…。

自分の汗は拭いてから離れよう

器具を使い終えたら、必ず掃除をするようにしましょう。ジムによっては掃除するようのタオルが器具近辺にある所もあります。

器具近辺にタオルがある所なら良いですが、ない場合は自分で持ち歩かないといけません。

必ず使い終えたら汗は拭きましょう。実際に体が触れる場所についてはすぐに気付くとは思いますが、有酸素運動をするエアロバイクなどになると実は床などにも汗が落ちている事がよくあるので、そこもちゃんと拭きましょうね。

誰だって他人の汗がついている所は触りたくありませんからね…。

重りはちゃんと初期位置に戻そう

重りを置く場所も基本的には全部決まっているはずです。これもジムに最初に行った際にスタッフから説明を受けているはず。

だから重りも必ず使い終えたら所定の位置に戻すようにしましょう。物によっては最も軽い重りに戻しておくのがマナーだったりもするので注意です。

繰り返しますがこれに関しても基本的にはジムのスタッフに確認を取ればOKです。重りを置く順番が決まっている事もあるので、それらも必ず確認を取りましょう。

マナーについて迷ったらスタッフに確認を取ろう

これらのマナーについて「これってどうすれば良いんだろう?」と迷ったら必ずスタッフに確認を取ってください。

はっきり言ってスタッフに従っておけば絶対に間違いはありません。少なくとも「そこではそうするのがルール」と言う事になりますから、逆にそこから逸脱しない方がベターだと僕は思います。

他の会員さんに注意されてもスタッフに確認しよう

他人に注意をされたとしても、もしかしたらその人がマナー違反をしており、貴方に意味のわからないイチャモンをつけている可能性すらあります。

だから人が言う事を完全に鵜呑みにする必要はどこにもありません。

ただ案外スタッフが適当で、他の会員さんの方が正しい事を言っている可能性もなきにしもあらずなので、そこは何とも言えない部分ですね…。

マナー違反をしてしまっても次から気をつければ良い

どれだけ気をつけても、知らずにマナー違反をしてしまう事は誰にだってあります。

ましてや初心者の人なら知らなくて当然の事もあるっちゃあります。だから注意されたら「すいません知りませんでした」と一言スタッフに告げれば問題ありません。

さすがに常識外れすぎるマナー違反は怒られるかも知れませんが、ちょっとした事ならそんなに文句も言われない…はずです…たぶん…(笑)

僕はさすがにマナー違反で注意された事はこれまでないので、これらについてはあまりよくわかりませんけど…。でもたぶんマナー違反をガンガンやるような人は言われても気にしない人でしょうね…たぶん…。

だから注意されてら「すいません知りませんでした」ってすぐ謝るぐらいの人なら、別にトラブルになる事はないと思いますよ〜。

スポンサードリンク

マナーの悪い客を避けるためには

今度は逆に「マナーの悪い会員さんがいたら」と言うお題を紹介したいと思います。ジムに行ってるのに、上記したようなマナー違反をしている人がいたら嫌ですよね。

実は平日の昼間とかになるとマナーが悪い人が多いとの情報をよく聞きます。

理由はマナー違反には高齢者が多いから…だそうで、暇な主婦がジムに来ておしゃべりをして独占したりとか、本当に多いようです。

だから実はマナーが悪い客が多い時間と曜日があるので、それに気をつけると遭遇率を変える事は出来そうです。

土日や深夜は少なめ

土日や深夜になるとマナーが悪い人が来る確率も落ちるようです。

深夜に来るような人は「どうしても鍛えたい人」が多かったりするので、意識が高くマナーも守ってくれる人が多いようです。

また土日も「混んでても鍛えたい」と言う人が多いので、そういう日に来る人はやはり意識が高く、マナーを守ってくれるとの事。

土日や深夜に行く事がマナーの悪い客と当たらないコツかも知れませんね。

時間や曜日をずらそう

マナーが悪い客がいつも来る時間、曜日が絶対に存在します。基本的にジムに通う人はルーティーンとして自分の中で来る日や曜日や時間を決めている人がほとんどです。

だからマナーが悪い人がいる時間帯、曜日を変える事も大事です。

どうしても嫌いな人が出来て、どうしてもその人のマナーが気に入らなくて、スタッフにお願いしても改善がされない場合は自分が時間をズラした方が精神衛生上も良いと思います。

場合によっては地域ごと変えよう

例えばマナーが悪い人と行く時間、曜日が完全に同じになってしまって、自分が変えられない場合は行くジムを変えた方が良いです。

ジムを変えればその人はいなくなるのだから、それで少しはマシになるはずです。

それでも同じ地域の場合は、どこも似たような状況だった…なんて事もありえるので、別のジムに行っても同じような状況だったら地域自体を変えてしまうのも手です。

マナーが悪い人がいて嫌な思いをするのは最悪なので、これらの事を覚えておくのも良いと思います。



Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.