「楽して痩せる方法」まとめ…苦手分野だけ甘くしてチャレンジしよう

投稿日:2016年3月18日 更新日: 685 views

ダイエット

「楽して痩せる方法」という誰もが知りたい情報を今回は紹介したいと思います。

楽に痩せるためにはどうすれば良いのか?

楽をしながら痩せる事は出来ますが、その際に苦手分野がどれなのかを考える必要があります。

例えば食事制限が苦手なのか、運動が苦手なのか、その両方が苦手なのか、これによって楽をする方法は異なってきますよね。

だから今回はその苦手分野込みで「楽をする方法」について紹介したいと思います。

絶対に痩せる方法を把握しよう

ともかく最初に知っておくべき事は「絶対に痩せる方法」です。

では絶対に痩せる方法とは何でしょうか?僕が出している結論は以下のものです。

  • お米を控える
  • 間食を控える
  • 「消費カロリー>摂取カロリー」にする
  • 3日に1度だけ筋トレをする(ただしその時だけは本気で追い込む)

これだけをやれば絶対に痩せます。

絶対に痩せる方法については詳しくはこっちで書いています。

食事制限は程度の問題はあるが必須

食事制限をするのは必須です。もしそこまで飽食をしていないならそこまで食事制限について考える必要は実はありません。

ですがある程度色々と健康に悪いものを食べてしまっている人の場合は、食事を制限しないと痩せる事は100%不可能です。

食べる事を止められない人はもう諦めてそのままデブとして一生を過ごしましょう。

自分で止められないのだから仕方ないです、それはそれできっと楽しいと思います。お幸せに!

筋トレも大なり小なり絶対必要

筋トレに関しても絶対に必要です。

ですが筋トレは室内で出来るものばかりです。家の中でやれる事だけをやればそれで問題はありません。

ですが最低限ちょっとした小太り程度の人はともかく、力士さんのように丸々と太っている人の場合は、自重トレーニングをしても膝や肘の関節を痛める可能性があるので、まずは軽いウォーキングから始める事になってしまいます。

ちょっとした小太り程度とか、軽い中年太り程度なら筋トレさえすれば痩せる事が出来るので、それぐらいの体型の人が最も楽を出来ると思います。

有酸素運動は無理にやらなくても良い

実は筋トレで追い込む事が出来れば、有酸素運動はそれほど必要ではありません。

どうしてもやりたい人はやっても構いませんが、無理をしたくない、簡単に痩せたい人はやらなくて良いです。

ただし「体重が重すぎてスクワットすら出来ない」「腕立て伏せすら出来ない」と言うぐらいの体重の持ち主になると有酸素運動から始めないといけないので…大変になると思います…。

楽に痩せる方法は自分が出来そうな事だけをやる

楽に痩せる方法としては、この「絶対に痩せる方法」の中から、自分が出来そうな所だけをチョイスして行う事です。

どういう事かと言うと、例えば「どうしてもラーメンは食べたい」と思っているなら、筋トレを全力で頑張りましょうという事です。

逆に「どうしても筋トレはあまり頑張れない」と言うならば、筋トレをほどほどに頑張って、食事制限を全力で頑張ろうと言う事です。

両方が苦手な人は、両方をほどほどに頑張ろうって事です。

どれも完璧に行う必要は全くありません。自分に出来る範囲でほどほどに行ってみて下さい。

何もしないよりも痩せるのは確実です。

頑張れば頑張るほど早く痩せるのは事実

ただし両方を完璧に頑張れば頑張るほど痩せるのが早くなるのは事実ですよ!

結果に即効性を求めるのならば、当然ですが両方を全力で頑張るのが一番です。

僕は両方をある程度頑張りつつ、週1~2ぐらいで夜にお酒飲んだりポテチ食べたりはしつつ、1ヶ月で3kgぐらいは落としたり出来ました。

に自分を甘やかしつつ継続すると良いです
どこで楽をするか、自分で選択をしてみて下さい。自分が苦手な所だけちょっと甘めに行う事が楽に痩せる方法ではないでしょうか?

得意分野を頑張れば良いだけの話です。

それを含めて以下の方法を試していってください。出来ない事はやらなくて良いです。

スポンサードリンク

食事制限は軽くから始めよう

食事制限ですが、誰もが想像するような鬼のようなものをする必要は実はありません。

朝食と昼食はお米やパンなどの炭水化物を食べても良いです。ただし量を極力少なめにしてください。

お米の場合は朝食でも昼食でも一膳程度に収めて、夕食は完全カット、もしくは1~2口ぐらいに抑えましょう。

糖質制限をすればお肉や野菜は食べて良い

ただし糖質制限をちゃんとしていればお肉や野菜はバクバク食べてもらって構いません。

炭水化物の摂取を減らしさえすれば、それで後は食べても良いわけですよ。そう考えると僕は別に糖質制限ダイエットって、そんなに苦しくないと思うんですよね…。

食べてはいけないものだけを控えよう

僕は鳥のササミなどの鶏肉に関してはバクバク食べてます。

からあげだって食べてます。カツだって食べてます。元々自分が大好物だからそういうのは食べるんです。

でも炭水化物は減らします。炭水化物を減らす代わりに好きなものを食べるようにしています。

実は僕はダイエットをしている間でも、週一ぐらいではポテトチップスも夜食で食べてました(笑)

だってそれぐらいじゃないと自分が続かないからです。だから普段の食事で炭水化物を控えてお肉や野菜ばかりを食べるようにしたんです。

カロリー計算をある程度していたら、たまにちょっと食べるぐらいなら良いんですよ。僕はこの手法は楽だと思います。

適度に自分を甘やかしつつ継続すると良いです。

停滞期を抜けて楽をしよう!

実は筋トレダイエットをする際に「チートデイ」と言うものを盛り込まないと面倒な事になります。

停滞期に入る理由が「急激なダイエット」なので、一気に痩せてしまうと体が飢餓モードに入ってしまい、太りやすく痩せにくい体になります。

停滞期を避けるためにはゆるいダイエットを行う方法が一つ。これは自分を甘やかせます(笑)

もう一つが「チートデイ」を設ける方法です。これも週一だったり10日に1日だったりで、食べまくる日を作る事になります。

ただしチートデイは普段から摂取カロリーを徹底して管理している人のみが行えるものなので、楽をするって意味ではやはり「ゆるいダイエット」だと僕は思います。

筋トレは3日に1度でがっつり追い込む

筋トレに関しては3日に1度のペースで良いんで、がっつり追い込むようにします。

3日に1度のペースで行う場合は1時間以上をかけて、全身をがっつり鍛えましょう。最も鍛えるべき箇所は実は足と背中です。

腹筋さえすればお腹が凹むと思ったら大間違いなのです…!だから腹筋が苦手な人も安心してください、適度で良いですよ。

簡単に痩せたい人が最初にやるべきトレーニングは基本的な自重トレーニングになります。

まずはこれらを行うのが最もベターです。その上で「どうせなら痩せたい!」って人は足を徹底的に鍛えてください。

筋トレは毎日行ってはいけない!

筋トレは毎日行ってはいけません。だからやるとしたら3日に1度のペースになるのです。

どうです、3日に1回ならやれそうな気がしませんか?(笑)

特に背中や足などの、ダイエットに効果的な鍛えるべき部位に関しては3~4日置かないとダメになります。

腹筋や前腕は毎日でも鍛える事が出来ますが、別にそこを頑張って鍛えてもそこまで痩せやすくならないので、楽をしたいなら大人しく3日に1回でまとめしょう!

ちなみに筋肉痛が酷い時は筋トレを休んで下さい。オススメなのは1日でガンガン鍛えまくって、筋肉痛が有る間「今日は筋肉が痛いからまだ休みだぁ~」と楽をする方法です。

筋肉痛がある間に筋トレをすると怪我をするので絶対にやめましょう!楽して休みましょう!(笑)

複数メニューで鍛えよう

僕の経験上、複数のメニューを組んで行う方が筋肉は鍛えられます。

足に関しては「スクワット」→「スモウスクワット」→「ランジ」or「ブルガリアンスクワット」などで多少負荷を変えて行っていくと実に効果的です。

このように複数メニューを組み込む事で徹底的に鍛える事が出来ます。ヘタしたら翌日は全く動けないぐらいの筋肉痛になるかもしれません。

その間は筋トレを休んでゆっくりする事が出来ます。1日に詰め込んで、その後2~3日筋トレをサボれるの、最高じゃないですか?(笑)

足を鍛えるメニュー

これを好みに合わせて組み合わせてください。自分がやりやすいメニューから行えばOKです。

腹筋メニュー

全身を鍛えられるメニュー

腕立て伏せは初心者は膝をついて行えば問題ありません。腹筋ローラーについても同様です。

どれぐらいやれば良いのか?

これらの中から1部位につき3メニューばかしを抜き取って、3セットづつ行ってみてください。

それをやってればバッキバキの筋肉痛になると思います。これを3~4日の1度やってれば良いんです。

筋トレをしていると体が火照ってきます。筋肉痛の間も体が火照って仕方ないでしょう。ですがこれで痩せるんです。

筋トレのアフターバーン効果で痩せやすい体になっているので、これでOKです。有酸素運動もすれば更に効果的ですが、そこまでやらなくても痩せますよ。

有酸素運動なんてやりたくない人はやらなくて良いです。

筋トレと職制限をしっかりやってたら絶対痩せて行きますから、ただもっと早く痩せたい人は辛くても行えば良いと思います。

今回は楽をするための筋トレ方なので、楽をするために有酸素運動はやめましょう(笑)

スポンサードリンク

プロテインは絶対に飲もう

プロテインは絶対に飲みましょう。プロテインは筋肉増強剤ではなく、ただのタンパク質です。

筋肉をつけるためにはプロテインが必須ですし、カロリーも控えめでそこそこお腹も膨れるので実に重要です。

プロテインを飲むタイミング

筋トレの効果を高めるためには筋トレ直後に飲むのは必須です。

だから筋トレ直後に飲む事は絶対忘れずに、その上で朝食で飲むか、夕食で飲むかをした方が良いです。

効果が高いと言われている時間帯は以下の通り。

  • 筋トレ直後
  • 寝る前

この3種類です。ぶっちゃけると全部3箇所全部で飲んでも問題ありません。普段は朝と寝る前に夜食代わりに飲んで、筋トレをする日だけは筋トレ直後も飲む…これが最も楽かも知れませんね。

タンパク質の摂取量も確認しよう

タンパク質の摂取量は、体重によって決まります。

計算式は簡単で「1kg×1」でOKです。運動をたくさんしている人の場合はこの数字が1.5~2ぐらいに変化します。

大体一杯でタンパク質が15~20gのものがほとんどだと思います。って事は3杯飲んでようやく60gって事ですね。

ただ食事でもタンパク質は摂れるので、普段は2杯ぐらいの方がやはりベターって事になりますかね?たぶん。

男性にオススメなのはバルクスポーツ

僕がオススメしているプロテインはバルクスポーツです。最初はザバス派でしたが、バルクスポーツの方が飲みやすくて美味しかったからです。

粉が全く残らないので粉がもったいない気もしませんし、飲む時に一杯をすりきりで入れるだけなのも楽。だからバルクスポーツを断然オススメします。

女性にはソイプロテインがオススメ

女性にはソイプロテインをオススメしています。そりゃ綺麗になれるならそっちの方が良いよねって話です。

自分でコントロール出来ない人はプロに頼ろう

自分で筋トレするのも辛い、自分で食事制限するのも辛い、もっと楽したい!って人はここはもうお金を出すしかありません。

究極に楽をするためにはやはりプロに「痩せるための習慣全部教えて」とお金を渡すのがベターになります。

究極に楽なのはプライベートジム

お金を払えば全部プロが筋トレのやり方、筋トレメニュー、食事メニューを管理してくれます。

貴方は全部プロの言う事を聞いていれば良いだけになります。

世の中お金が総てだなぁ…とか思うんですが、お金を支払えばその方法もあります。

家から出たくない人は自宅でライザップ

実際にプライベートジムに行くのも恥ずかしいし、出掛けるのがイヤだ!って人の場合は自宅でやれるものをやってみましょう。

ただ値段はこちらの方が安いです!(笑)

自分がやれる事だけやって楽をして痩せよう

どこを取り組むかは本当に自分次第です。がっつり筋トレをするか、がっつり食事制限をするか…どっちかですよね。

もちろん繰り返しますが、絶対に痩せるのは総てを完璧にやる事です。ですが楽をしたいならどこかで自分を甘やかせば良い。

絶対に総てを完璧にやる必要はありません。

ただもしやっても痩せていなかったら、その時はもうちょっと頑張る必要があると思います…。ただ僕は両方をしっかり管理してたんですけど、ずっとやってると慣れてくるんですよね…。

食べないと胃袋も小さくなるので、そんなに食べなくなりますし…筋トレも慣れてくると楽しくなってきますし…だから最初にガマンして継続しちゃうのが、一番楽な方法な気はします。

何にせよ自分で続けられる範囲で、楽になるように継続してみてはどうでしょうか?

最後になりますが全く苦労せず、動きもせずに食べ続けたまま楽に痩せる方法はありません。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.