生まれつき痩せやすい・太りやすい体質や骨太・骨細の人は存在する

投稿日:2016年3月31日 更新日: 18,048 views

骨

人間には生まれ持った「骨格」「体質」が存在する事をご存知でしょうか?

どれだけ痩せようとしても太く見える骨格を持っている人もいれば、ちょっと太っても全然太く見えない骨格を持っている人もいます。俗に言う骨太な人はどうしても華奢に見える事はないですよね。

でも骨太な人が痩せるのを諦める理由にはなりませんよね?

今回はこの「生まれ持った骨格や体質」についてうっとうしい話をしたいと思います。

何故ならこの「生まれ持った骨格・体質」は僕自身が持っているコンプレックスの一つだからです…。

骨太か骨細か調べる方法

骨太か骨細か調べる方法は簡単でして、手首の太さを調べると良いそうです。

手首に紙かメジャーを巻いて長さを測ります。紙の場合は線を引いて、広げた状態で定規などで測れば長さがわかります。

ただこれ身長によってかなり差が出るみたいですね…15cm以下なら骨細、16cm以上なら骨太だと思って良いようです。

男性の場合は16cmまで骨細、19cm以上なら骨太って所ですか、繰り返しますが身長が180cm以上あるぐらいならまた変わってくると思います。

試しに妻にやってもらったんですが、160cmを超えてて、14cmだったので、相当な骨細だと判明しました…恐ろしい…。

ちなみに僕は17cmだったので…標準だったっぽいです…(笑)

あくまで目安にしかならない

こんなのは結局目安にしかなりません。

骨太だろうが骨細だろうと、個人的に言えるのは「それを把握した上でやれる所までやるしかない」って事です。

僕は測ろうと測るまいと自分の肉体が華奢な事はわかっています。身長が高い人と比べると本当にガリです、華奢です、しょぼいです。

だからってそこで諦めるのは嫌です。

僕は自分が元々細いのはわかっています。それでもその上で少しでも太くたくましくなりたい。そのために頑張るのみです…!!

痩せやすい・太りやすい体質の人も存在する

世の中には痩せやすい人もいれば、太りやすい人も存在します。これは確実でしょう。

実際に僕は昔から「痩せの大食い」と言われてきました。実際には全然食べられるタイプじゃない事が大人になってから発覚したんですが…(笑)

栄養吸収の良し悪しも環境で改善は可能では?

僕自身がそうだったんですが、僕は全く太る事が出来なかった時期は、肉体労働をしていて毎日限界まで働いていて、しかもタバコをかなり吸っていました。

タバコを吸っていると栄養の吸収が悪くなると言われまして、実際に「タバコなんぞ吸っとるからそんなにガリガリなんじゃないか」とかも言われてました。

また当時不眠症みたいな感じにもなってたので、毎日午前3時まで眠れずにゴロゴロして、6時には起きる…なんて生活も長年していました。

また食事をまともに作ってくれる人がおらず、普段から食べるのは少量、お米が嫌いなのに家ではおかずが作られないので、ちょっとお米を食べて終わり、ラーメンを食べて終わり…なんて生活でした。

完全に環境が最悪だったんですね、そりゃ不健康にもなるわなと(笑)

まとめるとこういう生活でした。

  • タバコ1日2箱
  • 食事は不規則
  • ほぼ眠れず
  • 肉体労働でほぼ毎日残業

なんて事をしていたんですが、そりゃまぁ痩せる一方だわなと…どちらかと言うとやつれていました…(笑)

今思うと、たまに昼飯を弁当+カップ麺とかにしても午後3時にはお腹がぎゅるるるるる〜って鳴って、その状態のまま午後8時ぐらいまで仕事してりゃ、そりゃ栄養が足りないわけですよ…(笑)

生活を変えたらちゃんと太れるように

結婚後に栄養素もちゃんと勉強して、糖質をしっかり摂取して毎日3食しっかり摂るようにしました。

不眠症的なものが改善されて、ちゃんと睡眠を取れるようになり、タバコを禁煙したら筋トレをしてもちゃんとお肉がつくようになったんですね。

この変化はかなり大きかったように思います。

僕はそれまで「何をしても太れない」って自分でも思っていたんですが、ちゃんと勉強をしたら変化があったんです。

勉強をした上でやってみよう

僕はそれまで何も考えずに筋トレをしていました。それでは太れない事を大人になってからようやく悟ったんです…。

最初から栄養学や筋トレについて学べば良かったんです。それをしていなかったから、貴重な10代〜20代を無駄にしてしまいました。

だから僕は「勉強をしてから行おう」と改めて言いたいのです。

やれるだけの事をやってから「これは自分の体質がおかしい」と疑った方が良い。

自分の肉体と会話し始めてからがホントの筋トレや…!!(ここまでいくと頭おかしいです)

スポンサードリンク

生まれ持った骨格や体質を把握した上で頑張ろう

僕が今回言いたいのはこれなんです。生まれ持った骨格が例え自分の理想と真逆だとしても、体質が全く真逆だとしても自分の理想の肉体を手に入れるために頑張って何が悪いのか?

良いじゃないですか、骨太な人が可能な限り細くなろうとしたって、全然良いじゃないですか

僕みたいに華奢なチビが、マッチョマンに憧れて筋トレしたって良いじゃないですか…!!(笑)

そりゃまぁ…絶対に成功するとは限りませんけどね…。

効率は悪いかも知れないが少しでも変化はあるはず

もちろん骨太の人がマッチョを目指した方が良いでしょう。骨細の人が痩せる事を目指した方が効果は高いでしょう。

ですがそれでも自分の理想に向かって頑張るのは僕は良いと思うんです。むしろそのために僕等は生きていると言っても過言ではない。

筋トレとは人生であり、人生とは筋トレである…!!

筋トレをして太くたくましい男性を目指すのも、筋トレダイエットをして、細く美しい女性を目指すのも、一生かけて探求したって良いじゃないか…!!

自分が正反対の体質をしていても、骨格が正反対だとしても、その理想に向かって突き進むのが楽しいんじゃないか…!!

と、僕は思うのです。

頑張る方向を間違えてはいけない

ただし大事なのはあくまで「正しく健康的に変わる事」です。

痩せたいからと絶食しては意味がないし、偏食を貫いてもいけません。あくまで栄養学に則って健康的に、筋トレもしながら行う必要がある。

太りたいからとカロリー計算をせずにどか食いばかりをしても結局筋肉以上に脂肪が増えるだけです…これも経験済みです…(笑)

この「頑張る方向を間違える」のは絶対に良くありません。僕は最近思うのが「頑張るのはとりあえず行動をするのではなく、考えながら行動をする事」って所ですね…。

やっぱり考えずにとりあえず突っ走っても良くないです。途中で気付いて軌道修正出来るなら良いんですが、突っ走ったまま何も変わらないのはやっぱり良くないです…自戒を込めて。

プライベートジムが最終手段

最後に矛盾する事を言いますが、勉強した上で全く効果が出なかったらプライベートジムに行く、プロにお願いしても全く効果が出なかったら、その時は本当にもう「自分の体質では不可能」って事です。

僕はプライベートジムでのパーソナルトレーニングは最後の砦だと思っています。だってマッチョにする、痩せさせるプロなんだもんパーソナルトレーナーは。

そのプロがやってみて「どうやら貴方は変わる事は出来ないようですね」って言われるようなら、もう諦めがつくって思いませんか?僕なら諦めつきます(笑)

冷静に考えるとプライベートジムって大体「効果が出ないなら返金します」って謳ってるわけなので、本当に効果が出ない体質なら無料で試せますよね(笑)

最も早く「自分が本当に痩せられない体質なのか」を調べる方法って、プライベートジムに通ってみる事なのかも知れませんね。

そこで無理なら僕でも諦めると思います…プロが無理だと言えばもう無理だわ…。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.