「○○を食べると良いから」と食べちゃダメ!食事は引き算しよう

投稿日:2016年5月25日 更新日: 716 views

色々な果物

今回はちょっとした注意をしたいと思います。それは「○○を食べると健康に良い」「○○を食べると痩せる」と言う安易な情報にあまり左右されない方が良い…と言うものです。

僕もオススメの商品を紹介する事はあります。ですがそれはあくまで「それ以外の面も総て工夫した上で使うと効果的」である事です。

この事を以前Twitterでつぶやいたら「引き算をしていないと無意味ですよね」的な表現を頂いたので、今回はこの表現をパクらせて頂いて(笑)記事にしたいと思います。

特にダイエットをしている人に言いたいのは「運動は足し算、食べ物は引き算をしよう」って事です。

太っているのに食べる量を増やしてはいけない

ダイエットに成功していない人にありがちなのは「運動したから食べちゃおう」と思ってしまう点です。

これは僕の最も身近な母上がやっておられるのでよくわかるんです…(笑)

母上は僕の持っていた歩数計をあげているので「ちゃんと毎日1万歩歩くわ!」と意気込んでいるんですが、一向に痩せません。むしろ太る一方です。その事について悩んで相談してきました。

僕から言わせると答えは明確で、母上は食べてるんです。たくさん(笑)

健康に良いものを沢山買って摂取しまくっている

うちの母は健康マニア…の皮を被った不健康マニアです。

もう消費者としては理想形のタイプで、テレビで「これが良いですよ!」と言われたら速攻で買ってくる。セールスされたらまず買う、健康に良い、痩せると言われたらなんでも買って食べまくるタイプです。

痩せたいと言っているのに、何故かどんどん食べるものや摂取するサプリメントが増えています…あら不思議。

32歳の僕の母上ですので、もうババアですから基礎代謝も若者に比べれば落ちています。

例え毎日1万歩ぐらい歩いていても、基礎代謝が低い上に栄養価の高いものを摂取しまくれば、そりゃ栄養は余りますよね。

こうやって母上は健康に良いものを沢山摂取して、更にお菓子も大好きなのでよく食べます。九州出身ですが名古屋での生活の方がもはや長いので、喫茶店も大好きでよく行ってらっしゃいます。

そりゃ太るよなぁ…と…(笑)

健康に良いものは栄養価も高い

当然ですが健康に良いものは栄養価も高いです。サプリメントみたいなものも沢山摂取しています。その結果もうババアなのにめちゃくちゃ栄養摂りまくってます。

仕事をしているわけでも、ほとんど家事をしているわけでもないので、その栄養は消費される事なく体内に残って全部脂肪に早変わりなわけでして、見事にお腹がぽっこりと出ております。

その状態で「こんなに歩いてるのにどうして痩せないの?」って聞いてきたので「もうババアなのにそんだけ食えばカロリー余るに決まってるじゃん」と即答しておきました。

実はこれ、結構沢山の人がやっていると思うんですよ。

太ってるなら食べ物は引き算で考えよう

大半の人は太っているという事は「食べ過ぎている」と言う事です。ほぼ絶食をしていて、身体が常に飢餓状態に陥っている人は話が別ですが、普通に食べている人で太っている場合は「栄養が余っている」証拠です。

だから食べ物は引き算で考える必要があります。太っている人が「栄養に良いもの」「ダイエットに良いもの」を更に食べれば太るのは当然です。

摂取カロリーを足し算しても仕方ないですよね。

栄養価の高いものを引く必要がある

栄養素には様々なものがあるので、一概には言えませんが例えばバナナやお米はカロリーが非常に高いものです。だから真っ先に抜く…もしくは減らすべきものですよね。

太るか太らないかはカロリーと糖質に左右されるので、主に減らすべき栄養素の一つがこの糖質と、一日に摂取するカロリーです。

「健康に良い」「ダイエットに良い」と聞いても、太っている人は足し算をしてはいけません。引き算をしましょう。

新しく何かを食べるなら別の物を減らそう

例えば、以前僕がキュウリダイエットを紹介しています。きゅうりには確かに脂肪を減らす効果があるようです。

ではここで考えて欲しいのが「いつもの食事に更にきゅうりをプラスして効果があるのか?」

きゅうりのカロリーなんて100gで14kcal程度なので、全然大した事はありません。きゅうりダイエットの優れている点はこれで、カロリーが全然ないから追加しても大して影響がないのです。

では仮にこれがもっとカロリーの高い食材だったら?という話です。

有名なのがバナナダイエットですね。バナナは100gでカロリーは80kcalですが、糖質は25gと高いです。

「バナナダイエットしてるから大丈夫!」と勘違いして、バナナも食べてご飯もたっぷり食べてたら太るだけです。

バナナダイエットをするならその一食をバナナだけにする…ぐらいの意気込みが必要になる。だから食事を足し算するんじゃなくて、引き算しないとダメですよって事です。

バナナダイエットはまさにこれで、結局「食事をバナナに置き換えて他の物を食べるのを我慢するもの」である事を意識しないといけませんよね。

これらをまさに僕の母上は理解しておらず、食事も食べてるのに「バナナもダイエットに良いから食べなきゃ!」と食べるんです。そりゃ太るわなと…(笑)

たぶん頭の中で「バナナダイエット」って言葉だけ残ってて「バナナは食べると痩せる!」と思っているんですよね「バナナだけを食べて一食我慢する」って事が抜けているんです…恐ろしい…。

スポンサードリンク

運動は足し算で考えて問題はない

食事と違って、運動に関しては足し算で考えて問題はありません。運動すればするほどダイエットには繋がりますよね。

ただ運動に関しては自分の肉体に限界があるので、関節や筋肉を痛めるほどやっても意味がありません。結局ほどほどの運動を毎日続けていく事が一番の近道になって、最終的にはダイエット成功に繋がるので注意です。

ダイエットに良い運動を見つけたらどんどん足して良い

当然ですがダイエットに良い運動、筋トレを知ったらどんどん追加して問題ありません。少なくともダイエットにマイナスになる事は少ないでしょう。

例えば「筋トレ後に有酸素運動した方が効果的」って情報を知ったら、両方やるようにすれば更にダイエット効果は高まります。

こういうものは知った時点でどんどん足して行きましょう。運動はどんどん足し算をすればするほど消費カロリーが増えるので良い事づくめです。

食事とは大きく違う点がこれですね。鍛えれば鍛えるほど、運動すればするほど痩せる事に繋がって行きます。

食事は新しい手法を試すなら既存の手法を引いていこう

例えば糖質制限ダイエットをしていて、それで全く効果が出ないからと脂質制限ダイエットに切り替えるなら、糖質制限ダイエットは一度リセットしないといけません。

両方を同時にやろうと思ってはいけませんよね。

健康に良いサプリメントを沢山摂取しすぎるのも同様に問題になっていきます。いくら健康に良いからと、サプリメントばかりをガンガン摂取して、更に食事もこれまで同様に沢山摂取してたら、どこかで栄養素が余ってくるはずです。

サプリメント自体も「摂取量が足りてないものをサプリメントで補充する」と言う考え方です。

例えば野菜を全く食べられない、苦手な人が食物繊維系のサプリメントを摂取するとか、そういう意味合いで使われる事が多いです。

プロテインに関しては「お肉で必要量のタンパク質を摂取しようとすると、余計な脂質も摂ってしまうのでプロテインで代用」と言う使い方をしてますよね。

それと同じで「健康に良いから」「ダイエットに良いから」と食べるものをどんどん増やしてしまっては、一生痩せる事は出来ないので注意です。

これをやってしまっている人が本当に多いので…人間が痩せる原理を考えればこのミスは犯さないと思います。

これについては以前も書いているのでコチラを参考にしてみて下さい。

何でもかんでも食べれば良いわけじゃありませんし、何でもかんでも食べなければ良いわけでもないので、結局はバランスが大事なんだなぁ…とは思います。

ただ運動に関しては、肉体が保つならばいくらでもやって良いんですよ〜ただやり過ぎは結局身体を壊すので注意です。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.