ダイエットが長続きしない理由は「今すぐ痩せようとしている」から

投稿日:2016年6月2日 更新日: 3,001 views

メタボな人達

ダイエットを始めても長続きしない人はいねがー!?

ダイエットが長続きしない理由はシンプルで「今すぐに絶対に痩せないといけない!今すぐ痩せないとやだ!明日には1kg減ってないと嫌だ!」って思っているから長続きしないのです。

ただこれ筋トレに関しても同じ事が言えますよね。今すぐにマッチョにならないと嫌だ!今すぐ効果が眼に見えないと嫌だ!って思っているから、その効果が目に見えなかった時に「ああもう良いや、やーめた!」と辞めちゃうのです。

筋トレにせよダイエットにせよ、即効性を求めてはいけないのです。

スポンサードリンク

即効性を求めると辛くなる

筋トレもダイエットも即効性を求めれば求める程、辛いものになっていきます。

いつも書いていますが、痩せる原理は「消費カロリー>摂取カロリー」にしなければいけません。

つまり痩せたければ沢山動いた上で、あまり食べてはいけない…必要最低限な栄養素とタンパク質を摂取して、カロリーを控えめにして沢山運動をする必要があるわけですよね。

限界ギリギリまで絞るほどにこれを繰り返すのは、当然ながらしんどいです。でも勿論消費カロリーが増えれば増えるほど早く痩せるし、摂取カロリーを減らせば減らすほど、理論上は早く痩せます。

でもそこで通せんぼするのが「停滞期」です。

急激に痩せると停滞期が待っている

停滞期については過去にも書いています。

もう記事タイトルで全部書いちゃってますが、停滞期を避けるには緩いダイエットがベターなのです。100%完璧にカロリーコントロールが可能な場合は、チートデイを使う方法もありますが、これは結構厳しい。

最も辛い手法を選ぶならこちらで良いとは思いますが、ダイエットが長続きしない人には絶対オススメしません。最も辛く困難な道を歩む事になるからです…。

結局急激に痩せると停滞期にハマって、一度痩せなくなるのでそこで心が折れる人が多いわけですよね。

すぐ諦めちゃう人は極端から極端に走る傾向が強いので、この停滞期の罠にハマりやすいんです。

急げば急ぐほど辛い道のりになる

ダイエットをしようと思って絶食に近い食事生活にしたり、毎日めちゃくちゃ走りまくる有酸素運動をしているとさすがに辛いです。

たぶん僕もすぐにギブアップすると思います。お腹ぺっこりんな状態で有酸素運動とかやっとれません…絶対嫌です…。

だから僕は絶対に急激なダイエットはしません。だってお腹ぺっこりん辛いもん…。

そんな人達にオススメしたいのが筋トレダイエット、そして緩やかなダイエットです。

ゆるやかな食事制限を覚えよう

ダイエットをする際に「食べると不安!」ってなる人は「これだけやらないと私は痩せないんだ!」と勘違いしているんですよ。

要するに「この食生活なら100%太らない」と言うラインを覚えれば良いわけですよね?

だから一度自分の基礎代謝をハッキリさせて、運動で消費しているカロリーもハッキリさせましょう。そうすると自分が一日に必要なカロリーがだいたい見えてきます。

これらを読んで一度自分の基礎代謝をハッキリさせて下さい。そして自分が一日に必要なカロリーもハッキリさせます。

その上でマイナス500カロリーになるぐらいの食事を心がければ良いのです。

夕食から炭水化物を抜くだけでかなり違う

僕は減量期は必ず炭水化物を減らしています。

元々朝食を食べたいと思わない派なので、朝食は青汁とプロテインとヨーグルトなどで済ませます。

そしてお昼は普通に愛妻弁当、夜は炭水化物無しでそれ以外はガッツリ食べます。

僕は食生活では全く気を使っていません。敢えて言うなら夕食は炭水化物無し、朝食にプロテインと青汁を絶対飲む…ってぐらいです(笑)

プロテインはやっぱりタンパク質が欲しいから、青汁を飲む理由は僕は青汁飲まないと便秘になるからです…(笑)

たまに食べるのは全然有り

僕はチートデイじゃないですけど、たまにどか食いします。

別のその日はマイナス500カロリーにならなくても良いって思ってます。プラス2000カロリーになっても良いぐらい。気にせず食べる日をたまに作ります。

食べ放題系のお店で大好きなお肉を食べまくったり、スパゲッティを山盛り食べたり、そういう事もやる時はがっつりやります。そうしないとストレスが溜まるからです(笑)

ポテトチップスが食べたいと思ったら、夜中に酒飲みながら食べます。でもそれを毎日はやらない…ってだけです。

僕はそういう「緩いダイエット」「緩い食事制限」を心がけています。だからやってても全然苦じゃないんですよね…。

スポンサードリンク

定期的に筋トレだけはする

それでも定期的に筋トレはします。デッドリフト・ベンチプレス・スクワットなどをやって身体をある程度追い込みます。

でも栄養が足りてない状態なのは事実なので、怖いからめっちゃくちゃ追い込みはしません。増量期の時ほど限界まではやらず、8割ぐらいで抑える事の方が多いです。

ちょっとイライラしている時はオールアウトするぐらいまでやりますが(笑)それ以外は適度に汗をかいて、適度に追い込んだら切り上げるようにしています。

特に背中系は…腰を痛めてからは慎重にやってます…デッドリフトは一番怖いです…。

筋トレは毎日やらなくて良い

当然ですが筋トレも毎日やる必要はないです。3日に1度とかそれぐらいで良い。

だから僕は運動嫌い、ダイエットが苦手な人にこそ「筋トレダイエット」をオススメしているのです。

有酸素運動をしなくても痩せる

毎日必死に歩いたり、ジョギングするのって疲れますよねー。だからやらなければ良いんです。

僕はジョギングもウォーキングもしてないけど痩せてます。

ただし僕は出退勤時に歩く時間を設けてはいます。これの効果もある可能性があるので、そこについては一応載せておきます。

でも外に出て出退勤時間を作る前から筋トレと食事制限だけで痩せてたので、問題はないと思います。最近は更にこの1日4kmのウォーキング(みたいなもん)が入っているので、加速しているのかも知れませんが…(笑)

ゆるやかにやれば徐々に痩せていく

僕は現状の食事制限を始めてから徐々にですが痩せていってます。

いつからやったか忘れましたが、3月途中から外に出るようになったので、そこから6月頭までに確実に5kgは痩せてると思います。

本当になんかきつい事をした覚えはないです。筋トレは継続してますけど、それぐらいなんじゃないですかね…。

食事制限もしてますけど、上記した通り食べる時はがっつり食べてますから…(笑)

この「ゆるやかにダイエットをする」ためには知識が絶対に必要です。自分に必要なカロリーをわかっていて、どれぐらい食べたらプラスになってしまっているのかわかっている必要があります。

でもそれがわかっていたら、ほーんのちょっと我慢するだけで徐々にだけど痩せてくんですよ。

絶食に近い食事制限をして「もうこんなの無理!」なんてイライラする必要もありません。ゆーっくりでも確実に痩せる事が出来れば、長い目で見れば徐々に痩せていくんです。

そんな一ヶ月に5kgづつとか、大幅に痩せていく必要なんてないんですよ。1ヶ月に1〜3kgづつで十分じゃないですか、それぐらいのペースでのんびり理想の肉体に近づくようにすれば良いと思いますよ。

ダイエットが長続きしない人は、いきなり最後の追い込みをするぐらいのペースでやろうとしているから長続きしないわけです。それよりも緩やかにやった方が僕は絶対効果が高いと思いますよ〜。

緩やかにダイエットするの、一度お試しあれ!ただしその前に勉強はした方が良いので、ちょっと内容が長いけどコチラの記事を読んでがっつり勉強してみてください〜。

食事を我慢して辛い思いをするか、勉強をする意味で辛い思いをするかなら、僕は勉強する方が楽でしたよ〜。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.