筋トレ器具・グッズのオススメまとめ…初心者も使いやすいはこの5つ

投稿日:2016年6月6日 更新日: 9,518 views

ダンベルを持つマッチョ

以前も似たような記事を書いたんですが、今回は「筋トレを始める時に絶対買った方が良い筋トレ器具」を紹介したいと思います(笑)

前回紹介したのはプロテインなども含めたものでしたが、今回は筋トレのグッズや器具に絞って紹介します。

筋トレを始めようと思った際に色々なものがありすぎて混乱する人も結構いるとは思うので、僕が個人的に「これがあった方が良い」と思う物を紹介しておきます。

あくまで対象者を初心者に絞るのでそこも含めてよろしくお願いします(笑)

ちなみに器具にこだわらなかったオススメの商品まとめはコチラ。

ダンベル

絶対に購入するべき物、それはまずダンベルです!!

一番最初に買うべきものがこのダンベルだと僕は思っています。ほぼ総てのトレーニングに使う事が出来ます。

足を鍛えるにせよ、腕を鍛えるにせよ背中も胸も全部このダンベルで可能です。特に細部まで鍛えたい人にはオススメです。男性は60kg、女性でも40kgのダンベルを購入する事をオススメしたい。

出来るようになるメニュー

ほぼ総てです…(笑)

一度まとめようと思ったんですが10記事以上を並べる事になるので、コレに関してはもう筋トレメニューのページを参考にして下さい…(笑)

( ・(ェ)・)つダンベルを使ったトレーングメニュー

ダンベルを使う事で一気にトレーニングメニューが増えます。女性でもデッドリフトをするなら20kgぐらいはあった方が良いので、将来的な事を考えると40kgぐらい…最低でも30kgぐらいのダンベルを持っておいた方が良いでしょう(片方15〜20kg計算)

男性の場合は60kgのダンベルでも将来的に足りなくなる可能性があるので、ちゃんと最初から最低でも60kgのダンベルを購入しておいた方が良いと僕は思います。

ただダンベルの場合はバーベルよりも可動域が広がる分、負荷が高まるのでバーベルよりも上げられる重量は確実に下がるので、60kgでも十分かも知れません。

ダンベルは総ての基礎になる

ダンベルと聞いてダンベルカールばかりが頭に浮かぶかも知れませんが、実は無数のトレーニングがダンベルで可能になっています。

デッドリフト、スクワットもダンベルで可能ですし、ベンチさえあればベンチプレスもダンベルで行う事が出来ます。だから無理にバーベルを購入する必要はなかったりします…(笑)

なので僕は真っ先に買うべき筋トレ器具はダンベルであると断言したい。これは男女関係なしです。女性も本気で筋トレをするならダンベルがあった方が良い。

また僕が紹介しているタイプのダンベルは、時間は多少はかかるものの重さを調整出来るタイプなので使いやすいと言うメリットもあります。男性はもちろん、女性でも扱える2.5kg(バーのみ)まで重量を落とす事が出来るので、女性にもオススメですよ〜。

僕はダンベルを使って可能な筋トレメニューが沢山ある事に気付いてから筋トレの幅が大きく広がりました。一度試してみる事をオススメします。

ちなみに僕は自宅ではバーベル不要派です。だってデカ過ぎるので…邪魔じゃないですか…自宅で使うならダンベルのがベターですよ。

ヨガマット

第二位はまさかのヨガマットです。ヨガマットが必要だと思う理由は「自重トレーニングを行う際に必須」だからです。

いつも書いていますが、僕は初心者には自重トレーニングから始める事をオススメしています。それでもデッドリフトなどは絶対に取り入れた方が良い事からダンベルをまず第一位に持ってきました。

でもやはり自重トレーニングを行う際にはヨガマットは絶対必須、また大して費用も高くない事からオススメします。

ヨガマットがあれば出来るトレーニング

今度はこっちは自重トレーニングの大半が可能になります…(笑)

ですが主に可能になるトレーニングとしてこれらのものが挙げられます。

腕立て伏せ、腹筋、プランクが出来るだけでもかなり筋肉を鍛える事が出来ます。このためだけにヨガマットを購入しても良いぐらいです。

また腹筋運動はどれだけマッチョになっても継続した方が良い運動なので、ヨガマットは絶対に必須だと思って良いでしょう。ヨガマットを敷かずに腰を痛めたら本末転倒ですよ!

ヨガマットがないと各所を痛める

例えば体幹トレーニングをする際に、膝や肘を地面に置く事になるんですが、コレをフローリングの上でやろうとすると痛くて仕方ありません…(笑)

当然ですが腹筋をやる際にもこれは一緒です、腹筋をしようと思っても腰が痛くて仕方ないので、絶対にヨガマットがあった方が良いのです。

だから必ずこうやって床で横になって行う筋トレや体幹トレーニング時にはヨガマットを敷いて行うようにして下さい。個人的にはちょっとだけ厚めの柔らかいヨガマットの方が好きです!(笑)

何もないフローリングでやると本当に痛くてシャレにならないのでやらないようにしましょう…。そういう意味で必須の筋トレグッズです。

スポンサードリンク

腹筋ローラー

あくまで初心者向けなので、3位は腹筋ローラーにしておきます…!(笑)

何故かと言うと腹筋ローラーは肩などの筋肉も使う上に、めちゃくちゃ腹筋に効かせる事が出来るからです。

実際にやってみるとわかりますが非常に実用的ですよ。運動不足の状態で行うと腹筋より先に肩が筋肉痛になるのが困りものですが…(笑)

腹筋ローラーで行えるトレーニングは一つのみ

腹筋ローラーで行えるトレーニングはたったの一つになります…ですが凄い人になると片手で行ったり(専用のローラーが必要ですが)色々とパターンを作って行ってはいます。

ですが基本的には「膝コロ」「立ちコロ」の二種類で頑張って全身を鍛える所からスタートする事になるでしょう。

だからある意味では幅が少ないのは事実です。また腹筋ローラーを使う時もちゃんとヨガマットを使うようにしましょう。特に膝コロは膝が痛くなるので、膝コロをする時には必須。

腹筋ローラーはかなりキツイ

初心者からすれば腹筋ローラーはかなりキツイです。

だから最初の難関になるかも知れません。まだ体重が少ない人なら良いかも知れませんが、肥満体の人は恐らく最初は全然やれないんじゃないですかね…。

僕は腰を曲げすぎると腰が痛くなるので未だに立ちコロはやってません(笑)膝コロなら腰はそこまで痛くならないので膝コロだけやってます。

それでも最初は本当にちょっとやった時点ですぐに腕や腹筋が筋肉痛になっていました。それぐらい負荷の高いトレーニングになるので腹筋ローラーは本当にオススメです。

ヨガマットとセットで必要になるのが難点ですが、二つ合わせても大した金額にはならないので初心者は絶対に揃えたい筋トレグッズです。

マルチベンチ

今回紹介する筋トレ器具で最も高額なものがこのマルチベンチです。

実はこれが僕が最も「買って良かった」と思っている筋トレ器具なのです!!

ですがどうしても用途が「胸筋が欲しい男性」に限られて来るので、第四位になりました…(笑)

ベンチで可能になる筋トレメニュー

ベンチを購入する事で可能になる筋トレメニューはこれらになります。

ベンチプレスとドラゴンフラッグ(もしくはもどき)が出来るようになるだけでもかなり違ってきます。どちらも高負荷で自分を追い込む事が可能なトレーニングメニューです。

これが出来るか出来ないかの差がめちゃくちゃでかいです…ドラゴンフラッグは特に腹筋にめちゃくちゃ効くのでオススメ。普通の腹筋運動だと何回やっても全然疲れて来なくなった人には是非チャレンジして頂きたい。

高負荷なトレーニングが可能になる

胸を鍛えるのは男性にとって非常に大事…ベンチプレスはその胸筋を鍛える事が出来るのですっごぉ〜く良いです。しかもそれが自宅でやれるってんだから最高だね…。

って事でこのベンチを購入するのはマジでオススメ。特にベンチプレスはなんかオールアウトもやりやすいので僕は重宝しています。

ダンベルベンチプレスなら限界が来た際に妻にそっとダンベルを降ろしてもらえばオールアウトしても無事にやり過ごせるので、ベンチプレスはよくオールアウトするようにしています。

このベンチが個人的には一番オススメです。もちろんダンベルも購入した上で購入するのをオススメします。ベンチプレスと腕立て伏せじゃ効果が全く違います。

腕立て伏せでも胸筋は鍛えられますが、本気で鍛えたいなら絶対にベンチプレスをオススメします。そのためだけに購入しても良いぐらいです!!

スポンサードリンク

懸垂器具

背筋を鍛える際に必要になる懸垂器具ですが、これはまだ僕が買ってないものでのオススメを紹介したい。

それはコチラです。

これがあるだけで懸垂とディップスとプッシュアップバーの役割が手に入ります。

懸垂器具で可能になるトレーニングメニュー

更にハンキングレッグレイズも可能になりますが、そのやり方は上記した腹筋運動まとめの記事に書かれているので省略…(笑)

ダイエット効果も高く、最初に鍛えると良い背筋を鍛えるためには懸垂をやるのが一番です。最初はみんな斜め懸垂から入る方が良いでしょう。

またディップスは自重トレーニングとしては最も胸筋を鍛える事が可能なトレーニングなので、これもまたオススメです。もちろんベンチプレスと併用するのもオススメですよ〜。

筋肉には色々な角度から色々な刺激を与える事が大事なので「これだけやれば良い」って事はまずありません。色々なトレーニングで色々な角度から筋肉に刺激を与える事をオススメします。

懸垂での負荷の高さは凄い

ここで背筋の動きを覚えてからトレーニングをやるようになると、これまでの肩甲骨の使い方が間違っていた事がよくわかるのでオススメ。

また懸垂での負荷の高さは異常なので本当にオススメです。最初は1〜2回やるだけでも必死になるでしょう。特に腕をしっかり開いた本当に背筋を使った懸垂をやろうと思うと「キツすぎじゃね!?」って思うぐらいキツイです。

僕は最初一回もやれませんでした…ずっと僧帽筋を使ってたんでしょうね…肩の辺りの…。

ただ懸垂は負荷が高すぎるので、いきなりやると背筋を簡単に痛めるのでウォーミングアップをしてから行う事を強くオススメします。

ちなみに僕が買った懸垂器具はもう少し安っぽい奴だったんですが、ディップスの部分がちゃっちくてやりづらいので…こういうしっかりとしたタイプの懸垂器具をオススメします(笑)

だから自分が買った事がない商品をオススメしているわけです。明らかにこっちのがやりやすそうなので…安かろう悪かろうは絶対です…。

最初にオススメな筋トレ器具・グッズはこれぐらい

最初にオススメする筋トレ器具・グッズはこんな感じになります。例えばケトルベルなんかも僕は興味があるのでいずれ購入するかも知れません。

ですがケトルベルは振り回す事になるので、室内で使うには危ないかな…って気もします…人や物にぶつけたらシャレになりませんし…(笑)

なので初心者にオススメする筋トレ器具・グッズはこの5つです!!最初はこれだけ購入しておけばとりあえず間違いはないのではないでしょうか?…たぶん!(笑)

ただ僕の場合は今なら絶対ダンベルとベンチから買いますけどね…!!(笑)

男女関係なしの初心者にオススメなのは今回の順番って感じになります〜。個人的にはダンベルの正しい使い方を覚えるだけで、筋トレの質が全く異なってくると思うので、トレーニングの正しいやり方を覚えて是非実践してみて欲しいです!

ってわけで今回は以上です〜。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.