筋トレはキツく追い込まないと効果が上がらないので注意!

投稿日:2016年6月25日 更新日: 4,477 views

マッチョマン

よくテレビを見ていると「簡単に痩せられる」「楽に腹筋を割れる」と言う言葉が流れて来ます。その度に「情弱を釣る手法だなぁ…」と悲しく思いながら見ています。

世の中にある総ての「簡単に出来る」「楽が出来る」系はほとんど効果がないですよ。大半が成功しないと思います。

だって楽に上手くいくなら全員が成功者になってしまいます。

特に「稼げる」「痩せれる」系は信じない方が良いと思います。

痩せるのも、マッチョになるのもそんな楽な道のりは絶対にありません!

どうせ筋トレしたりダイエットをするなら、ちゃんとやって効果を高める方が絶対に良いと僕は思います。

楽なトレーニングは効果も薄い

ハッキリ言いますが楽なトレーニングに価値はありません。

一番痩せられる運動は?一番筋肉がつく運動は?

キツイものに決まっています!!

なんでかと言うと人間がそのように出来ているからです…だから楽をしたい人、苦痛から逃げ出したい人は絶対に成功しないように世の中は作られているのです。

何故キツイトレーニングじゃないと意味がないのか?

筋肉が成長するためには「今の限界を少し超える必要がある」わけですよ。

これは当然ながら有酸素運動で消費カロリーを増やす時でも一緒ですよね。長時間やればやるほど消費カロリーが増える、長時間有酸素運動をするって事は、それだけキツイ運動を継続する必要があります。

筋トレでも同じです。高強度トレーニングの方が痩せやすい…って話しを先日紹介しましたが、これも「キツイトレーニングの方が痩せやすくなる」ってデータが出ているわけで…やはりキツイ思いをしないといけないって事です。

そしてもちろん、僕の目標でもあるマッチョになるためのトレーニングも同じ事になります。

限界までオールアウトで追い込む必要がある

結局筋肉を育てるためにも、ライザップなどのプライベートジムで行っている運動も、全部オールアウトなわけですよね。

そこまで追い込む事が最も筋肉を育てる運動…って事が言われていて、実際ダイエットを主目的としているライザップでも採用されている事を考えると、どれだけ「キツイトレーニング」を行うのが大事なのかよくわかりますよね…。

少なくとも僕はガッツリ追い込んだ方が効果があると感じているので、減量期でヘロヘロな状態でもない限りはガッツリ追い込むようにしています…って最近はあまり追い込んでないけど…(笑)

楽に効果を出す事も出来るけど…

実際問題、楽をして効果を出す方法もあるとは思います。

適切なトレーニングメニューを組む事、苦しむほどではない食事制限を適切に行ったりする事で、ボディメイクでの苦労を限りなく減らす事は可能だとは思います。

ですが総ての面において「楽に理想の肉体になる」事はそう簡単ではないと思うんです。

楽をするためには知識が必要

個人的に感じるのは「楽をするためには知識が必要」と言う点です。

例えばちょっとした筋トレ器具を購入する際にどれを購入するべきか?サプリメントはどれを選択するべきか?どの頻度でトレーニングをすれば良いのか?食事制限はどうするのか?

これらを考える時に必ず必要になるのが「知識」ですよね。

それを考えるためにも、適切な答えを出すためにも必要になるのが知識と経験です。

これらがすぐ浮かぶ人は、恐らく何も知らない人より遥かに楽をしていると僕は感じます。

実際問題、僕が筋トレブログを作ってしっかり勉強をし始めた頃と、ある程度の知識を得て実践している今とでは、楽さが全く異なります。

自分が今現在楽をしているからこそ、楽をするためには知識が必要…と改めて思うのです。

正しく使えば器具でも楽は出来る

正しく使う事で筋トレ器具などを購入して楽にトレーニングを行う事が可能になるのは事実です。

でもこの場合の「楽」は「簡単に追い込める」って意味での楽なので…結局キツイ事に変わりはありません…

あくまでダイエット効果や筋力アップ効果を求めるなら、自分を追い込まないと意味がないんです。

そういう意味で「キツイ思いをしたくない」って人はダイエットも出来ないし、筋肉をつける事も出来ません。

筋トレ器具なども結局は「効果が高い」と言われるものはそれ相応にキツイ…という事ですからね…。

スポンサードリンク

筋トレと食事制限に慣れたら楽にはなるけど…

とは言いつつも僕も「簡単に痩せる方法はある」と以前記事にしています。

これに関しても言える事ですが、結局は「筋トレと食事制限に慣れたら楽になる」ってだけの話なので、簡単と言えば簡単ですがそこで「辛い思いをしたくない」って人は結局成功しないんですよね…。

あくまで簡単には痩せられますが、辛い思いはしないと意味がありません…。

辛い思いをしないと良い思いは出来ない

これまた何でも一緒ですが辛い思いをしないと良い思いは出来ません。

特に筋トレをちゃんとやろうと思うならキツイ思いをしてやらないと本当に意味がありません。むしろキツイ思いをするために筋トレをするわけなので…。

筋トレでマッチョになりたい人も、痩せたい人も、良い思いをしたいならそれなりに辛い思いをしないといけない…って事は忘れずに取り組んで欲しいと個人的には思います。

筋トレダイエットに関しても、オールアウトするぐらい追い込むからライザップとかは効果が一気に出るわけなので、ある程度「キツイ」と感じないと効果が薄くなるわけです。

だから筋トレをやるなら、ちょっとやっただけで「苦しいから今日はここまで」ってやめちゃうのは良くないので本当に注意です。

やるならある程度は本格的にやる方が絶対に良いです。少しでも辛い思いをするぐらいなら思いっきり辛い思いをして効果を上げた方が良いんじゃないでしょうか?

どうせ少しでも辛い思いをするなら僕は絶対頑張って効果を上げた方が良いと思いますよ~って話でした。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.