手足の関節を怪我してトレーニングが出来ない人にこそシックスパッドがオススメ

投稿日: 504 views

怪我

僕は肘痛を結構持ってまして、実はダンベルカールとかをあまりやり過ぎたりすると、すぐに肘を痛めてしまう傾向があります。

昔の肉体労働で結構慢性化してたようで、だから実は上腕二頭筋や上腕三頭筋をあまり追い込めないでいました…ベンチプレスでも肘を傷めないように気を使っているぐらいです。

そこでシックスパッドなどのEMSが結構使えるんじゃないか?って今回気付いたのでちょっと紹介したいと思います。

冷静に考えりゃEMSがリハビリで使われているんだから当然の用途なんですけど、肘や手首を痛めやすい人には特に良いと思います。

肘に負担をかけずに筋肉を使える

これもリハビリの一種に入るんでしょうけど、肘に負担をかける事なく筋肉を使う事が出来るようになるので、シックスパッドで上腕二頭筋や三頭筋に刺激を与えるのは有りだなーって思いました。

本当にちょっと調子に乗ってダンベルカールをやる度に肘を痛めてしまうので、実は最近はその辺りを鍛えるのは僕は諦めてたんですよね…。

あまり無理にやり過ぎて一生ものの怪我をこれ以上増やしても仕方ないって本当に思っているので…。

この「肘に負担をかけないで済む」っての、僕にとっては革命レベルでした…それが出来るなら腕もそこそこ鍛える事が出来るなと…。

肘を痛めやすい人は試してみて欲しい

実際に僕自身がそうなんですけど、シックスパッドだと上腕二頭筋にも三頭筋にも、結構激しい負荷をかける事が出来ました。

腕に関しては全然使ってなかったので、特に左腕の方が一発で筋肉痛になってしまったので、あまり連日行わないようにはしていますが、また徐々に使ってみてどれぐらいまで鍛えられるか試していきたいと思ってます。

あんまり調子に乗って毎日やりまくって、何かしら筋肉を痛めたりするのも怖いですしね…。

だから無理をしない程度に続けるつもりではいますが、自宅でこういうリハビリっぽいのが出来るのはメリットだと思います。

スポンサードリンク

病院に行くほどでもないけど痛めている人にも良い

病院に行くほどでもないけど手足を痛めてしまっている人、もしくは僕みたいにすでに慢性化している人には凄く良いと思います。

僕の場合は完全に慢性化しているので、すぐに怪我をしてしまうのでそういう意味でも持っていると良いかなーって感じですね。

僕は出来ればどれだけおっさんになってもあまりデブにならない程度に留めたいとは思っているので、全身の筋肉量はある程度キープしたいと思っているので、EMSは今後も重宝するかも知れません。

怪我をしてしまってトレーニングが出来ないと困っている人には凄く良いと思います。

関節は痛めやすい箇所

当然ですが関節は痛めやすい箇所になります。肘、膝、手首辺りは筋トレをしていてもよく怪我する箇所でしょう。実際僕もよく痛めます…(笑)

僕は肘は肉体労働をしていた頃にほぼ破壊してまして、更に手首は今のキーボード入力でもかなり痛めてしまっています。こちらもケアはしているので多少はマシですが…。

僕がリストカールを敬遠した理由も「手首がすぐに痛くなる」からだったりするので、僕みたいに元々が虚弱体質の分際で無理をしてきたようなバカだとこの辺りはどうしても逃れられない部分でも有ります…。


怪我をしている状態で活用するのは本当に良さ気

EMSがリハビリにも使われているのは有名な話なので、怪我をしている人やまだ痛い人は本当にやってみると良いと思いました。

ただリハビリに近い状態になるので、あまり頻繁にやりすぎないように、腕は肉が少ないのでちょっとやっている際に痛みを感じる事も増えるので、あまり強い負荷でやるのはちょっと怖いです…。

骨に当たるとあまり良くない~みたいな事をMTGの営業さんも言ってた気がするので、肉が少ない人は特に気をつけて、弱めで行うようにしてみて下さい。

案外良いと思いますよ~。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.