筋トレしても腹筋が割れない人は食事制限をして痩せればOK!

投稿日:2016年4月1日 更新日: 19,970 views

腹筋

腹筋をバッキバキに割る…それは男性なら誰もが求める理想の体ですよね。

よく調べられる「腹筋の簡単な割り方」ですけど、これを話そうとするとちょっと面倒な話になりますが、今回はこれについて語りたいと思います。

腹筋って実は最初から皆割れてるんです。だから筋トレしてるのに腹筋が割れない人は、脂肪の問題なんですよね。

腹筋を本当に割る方法

今回はほんとうの意味で腹筋を割る方法をサクッと紹介したいと思います。

まず大前提として、元々腹筋は割れています。その上に脂肪が乗って見えていないだけです。

腹筋は最初から割れている

腹筋とは実はお腹の脂肪に隠れているだけで、最初から割れています。正確には筋肉があのような形になっているのです。

ただ腹筋がたくましい人の方が、あの凹凸が激しくなっているというだけです。

もちろん腹筋を鍛える事で凹凸が激しくなっていくので、バッキバキに腹筋を割りたい人が腹筋を鍛えるのは間違っていません。

ですが腹筋を鍛えれば腹筋が割れて見えてくる…というのは完全に誤った考え方です。

筋トレ初心者がよく間違える点なので気をつけましょう。

部分痩せはほぼ不可能!腹筋をしてもお腹は割れない

部分ダイエットが可能なのかどうかはよく議論が分かれる所です。可能だと言う人もいれば無理だという人もいます。

筋トレ方法についても様々な手法が議論されており、やり方は人によって大きく異なります。

ですが部分痩せはほぼ不可能だと言って良いと僕は個人的に思っています。カロリーを多く摂れば太るし、カロリーを減らせば痩せるという人間はシンプルな生き物です。

それはあくまで全体的に増えて全体的に減るだけの話。ただ人によって体質が異なるので顔に脂肪がつきやすい人もいれば、お腹につきやすい人もいる…っていう個人差は当然あります。

腹筋をやればお腹の脂肪だけが減っていく…なんて幻想は抱かない方が良いと思います。

腹筋を本当に割る方法はダイエット

腹筋がどれだけ強い人でも、カロリー過多になっていればその上に脂肪が乗るので腹筋は見えてきません。

結局本当の意味で腹筋を割る絶対的な方法はただ一つ、痩せる事だけです。

筋トレを頑張っているのにどうしても腹筋が割れない。筋肉はある程度あるのに、腹筋運動も平均よりはるかに出来るのに腹筋が割れない…って人は単純に脂肪が多いだけの話です。

腹筋を割るためには結局痩せるしかないんです。筋トレ用語で言うと増量期から減量期に入らないと厳しいって事ですね…。

ってわけで結局一番大事なのはダイエットという事になります。

腹筋を割るためのダイエット方法

腹筋を割るために必要なダイエット方法はシンプルです。筋トレをして食事制限をすれば良いだけです。

そして本当に鍛えるべきは、決して腹筋ではないのです。

効率よく痩せる方法

一番効率が良いのは大きい筋肉を鍛えて消費カロリーを増やしていき、その上で食事制限をする手法です。結局これが大正義なのです。

ただ食事を抜くのではなく、低カロリー高タンパクな食事を摂る。筋トレをしてその後に有酸素運動をする…消費カロリーをふやすために筋トレをするという流れになります。

体の筋肉で大きいのは足・背中・胸です。

足は人間の体重を支えている部位なのでもっとも筋肉が大きく、背中と胸と腹筋は体幹なので当然大きな筋肉という事になります。

腕は大した大きさではないので、ダイエット目的では無理に鍛える必要がない筋肉です。もちろんどうせやるなら全部鍛えた方が良いんですけどね。

また脂肪燃焼効果は筋トレ後の方が大きいと言われています。これは筋トレ中にカロリーを消費するからです。

筋トレでカロリーを消費して消耗して、その後に有酸素運動を始める事で最初から脂肪燃焼を促す事が出来るんです。痩せたいならこの流れが一番ベターだと思います。

既に鍛えているなら食事制限をする

既に筋トレをガッツリやっていて「それでもお腹が割れてこない…」って人は完全に食事制限で失敗している人だと思います。

筋トレをしていても脂肪が落としきれていない人は、消費カロリーより摂取カロリーが上回っているという事になります。

でも徐々にでも脂肪が落ちている人の場合は「そのまま長い目で継続しましょう」ってだけの話です。

全然脂肪が落ちていない人の場合はカロリーを減らして、たんぱく質摂取は変えずに行きましょう。

消費カロリーを減らすと言っても、増量期から減量期に減らすのと同じで、少しでも基礎代謝を下回るぐらいで十分ですよ。

これらについては過去に詳しく書いているので、こちらを参考にしてみてください。

有酸素運動を増やすのも一つの手

ただ筋トレだけしていて、有酸素運動をしていない人の場合は有酸素運動などを取り入れて消費カロリーを増やす努力も必要になるでしょう。

その場合は上記したとおり、筋トレをした後に有酸素運動をするのが効率が良いそうです。

でも別に無理に走ったりしなくても、スポーツなどをしてそれが結果的に有酸素運動になるようにすれば良いとも僕は思います。

筋トレと食事制限は両方やる方が良い

当然の話ですが、有酸素運動と食事制限はどうせなら両方やった方が良いと思います。

特に減量する気がない時は無理に有酸素運動をする必要はありませんが、減量期はやった方が良いんじゃないでしょうか?

別に食事制限だけで上手くコントロール出来るよ~って人は有酸素運動なんてしなくて良いと思いますけど、食事制限で上手くコントロールできている自信がない人は有酸素運動もした方が良いと思います。

ただ個人的には、結局最後に物を言うのは食事量だと思うので、食事制限を最も重視する方が良いって思ってます。

細かい話はこちらで紹介しているのでこちらを参考にしてみて下さい。

絶対に腹筋を割りたいならプライベートジム

ライザップで有名になったプライベートジムですが、このプライベートジムの最大の特徴は「パーソナルトレーニングを受けられる」点にあります。

食事制限はもちろん、正しい筋トレ方法も全部教えてくれます。貴方が今悩んでいる「腹筋が割れない」と言う問題にも科学的アプローチを持って解消してくれます。

確実に腹筋を割るなら、絶対的にプライベートジムをオススメします。自分専属のトレーナーが、貴方に合った食事制限と筋トレメニューを考えてくれますよ。

自分を変えるためにもまずはプライベートジムで正しい筋トレと食事制限を覚える事をオススメします。

スポンサードリンク

痩せていて腹筋が割れていない場合は筋トレをしよう

もし貴方が元々痩せていて、どちらかと言うとガリガリなのに腹筋が割れていない場合は、それはもう完全に筋肉不足です。

そういう人は逆に食事を増やして筋肉をつける必要が出てきます。筋トレをするという点では同じですが食事の面で逆にする必要があるんです。

ガリが細マッチョを目指すためには

ガリガリな人が細マッチョを目指して腹筋を割りたいなら、まずは腹筋をガッツリトレーニングする事からはじめましょう。

まずはこれをやる事です。その上で食事もしっかり摂って、タンパク質を多めに摂取するようにしましょう。ガリほどプロテインが必須になります!

ガリが細マッチョを目指すための方法はこちらで全部解説しています。一度チェックして確認してみて下さい。

太ってる人は脂肪を減らすだけで良いんですが、細い人の場合はおそらく筋肉そのものが足りてないので、タンパク質を多く摂りつつしっかり筋トレで追い込んで、腹筋をつけていく必要があります。

基本的には「細マッチョになる方法」で紹介しているやり方を実践すれば問題ないと思いますよ!

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.