HMBとは?初心者にオススメな筋肉の分解を抑えるサプリ

      2016/11/29  686 views 

マッチョ

「筋トレと言えばプロテイン」これはもう定番として定着していると思います。

ですが実はそれ以外にも「BCAA」だったり「クレアチン」だったり、筋トレで必要なサプリメントは実は多岐にわたります。

今回紹介するのはその一つである「HMB」です。HMBサプリはアメリカでは既に有名になっており、BCAAやクレアチンのように一般に販売されています。

スポンサードリンク

HMBとは?

HMBとは必須アミノ酸の「ロイシン」の代謝物であるとの事です。

なんかわかりづらい説明になってしまうので、ざっくらばんに言ってしまうとHMBは筋肉の分解を防ぐものだと思えばOKです。

筋トレ好きからすれば常識ですが、栄養が足りてなかったり筋トレをすると筋肉が破壊されたりして、筋肉が分解される事が多々あります。

それらを防ぐために、BCAAを摂取したりクレアチンを摂取したり、プロテイン(タンパク質)を摂取するわけです。

この「筋肉の分解を防ぐ」と言う意味で最も効率が良いものがHMBと言うわけです。

要するにアミノ酸の一種だと思えば良い

BCAAでもそうでしたが、要するにアミノ酸の一種だと思えば良い感じです。

BCAAは必須アミノ酸「ロイシン」「イソロイシン」「バリン」の事ですが、このロイシンを摂取する事で生成されるのがHMBという事です。

本来は遠回りして生成するものをダイレクトに摂取してみたら、良い効果が出たよ…ってサプリメントですね。効果がBCAAに近いので、BCAAと混同される事が多いです。

サプリメントに関しては日本は遅れており、海外の方が積極的に発明されていて関心も高いです。だから海外ではクレアチンなどと同様に既に知名度はあるようですね。

プロテイン同様、おかしな筋肉増強剤とかそういうものではなく、ただの栄養素の一種なので摂取しておかしな事があるわけじゃないので安心して飲めます。

余談ですがプロテインって実はタンパク質って意味です。要するにあれもただのタンパク質を摂取するだけのものなので、タンパク質を直接摂取するのがプロテイン、HMBは必要な栄養素を直接摂取するって意味で、本質としては似たような製品って事になります。

アミノ酸とタンパク質の違い

こういうサプリを紹介していて疑問に思うのは「アミノ酸とタンパク質の違い」だと思うので、それについて触れておきます。

今回はわかりやすく言うと「タンパク質>アミノ酸>HMB」と言う流れです。タンパク質からアミノ酸になり、アミノ酸の中にHMBが含まれていますよって事です。

HMBを摂取すればタンパク質を摂取しなくて良いのか?と言う質問が結構ありますが、大元の栄養素なので摂れるなら摂るに越した事は実はありません。

ですからこれらは「大元は同じだけど併用した方が良い」ってのが個人的な回答です。

BCAAとの違い

BCAAとの大きな違いはクレアチンとの相性です。

クレアチンは簡単に言うと筋力の最大値を上げてくれるものです。当然ですが限界の力を振り絞れば筋肉が損傷して分解されます。

筋肉をつけるためのトレーニングで筋肉が分解されるのは非効率な話ですよね。その分解を留めてくれるのがBCAAやHMBです。

この「限界まで追い込むトレーニング」が最も筋トレで効果があると言われています。オールアウトとも言われていますね。

このオールアウト時に効果を発揮しやすいのがHMBという事です。

つまりクレアチンとHMBを併用してオールアウトするまでのハードトレーニングをするのに向いている…という事です。

BCAAは疲労軽減、集中力の持続などの様々な点で効果を発揮してくれるので、BCAAもオススメですよ~。

初心者に効果が高い事が判明している

HMBですが実は初心者に対して特に効果が高い事が判明しています。

何年もジムで本格的にトレーニングをしているトレーニ-より「これから頑張りたい!」と思っている人にほど、筋肉の分解を防いで体格の向上…つまりマッチョになる助けをしてくれるサプリメントになるという事です。

既に高負荷でジムでのトレーニングをしている人や、トレーニングを何年も続けている人には効果が薄いそうなので…そこはちょっと残念ですね。

ですが運動習慣が元々少ない人、これから頑張りたい人、痩せたい人にとってはかなり効果がある事が海外での実験のデータとして出ているそうなので、筋トレ初心者の人にこそオススメしたいサプリメントと言う事になります。

ただこういうサプリメントですけど、効果に結構個人差があるそうなので、ほとんど変化がなかった人がいるのも事実のようです。

数ヶ月使ってみて効果がないと思ったらやめた方が良いのかも知れませんね。

HMBの効果

HMBを飲んだ際に期待出来る効果は、一番大きい点で「筋肉の分解を防ぐ」事が主目的になります。

BCAAなどを摂取していない状態だと、筋トレをしている間に糖質などを使用した時に筋肉を分解してエネルギー源にしてしまう事があるのがデメリットとして挙げられます。

そこでHMBなどでBCAAを摂取していると、筋肉の分解を防ぐ事が出来る事がわかっています。

また筋肉を育てる事にも効果を発揮するので、筋肉を増やすために摂取する事にも向いています。

つまり筋肉の減少を防ぎ、筋肉増量にも力をくれるサプリメントという事です。

追い込むトレーニングをしている人向け

特にこれはウエイトトレーニングをしている人に向けて作られたものです。だから実は自重トレーニングだけをしている人には不向きの可能性はあります。

激しく追い込むトレーニングをしているなら自重トレーニングでも問題はありません。セット数を3~5回にしてオールアウトする勢いでやっている人なら問題はないでしょう。

ただ適当に筋トレをしているだけの人では恐らくあまり効果を感じる事は出来ないので注意です。

あくまで本気で筋トレをしている人、本気で変わりたい人を補助するためのサプリメントだと思った方が良いです。それはプロテインにも同じ事が言えますけどね。

クレアチンと併用すると効果が上がる

これも実験の結果として知られている事ですが、クレアチンと併用する事でHMBの効果は高まる事がわかっています。

クレアチンと併用する事によって、HMB単体で使った時よりも体脂肪が落ちやすく、更に筋肉の増量にも貢献してくれたとの実験結果があります。

クレアチンについてはこちらで書いているので参考にしてみて下さい。

クレアチンはいつもより力を強く出す事に向けて作られており、トレーニング効率を上げられるものです。更にそこにHMBを投入する事で筋肉が育ちやすくなると言う事のようですね。

またこれがBCAAとの違いの一つとも言えますね。

プロテインの併用も良い

プロテインはあくまでタンパク質がメインです。筋肉をつけるにはタンパク質は必須です、無くてはならないものです。だからプロテイン摂取は基本ですね。

その上でHMBも投入して筋肉の分解を防ぎ「さぁ筋肉を増やすぞー!」って身体に働いて貰う事になります。この際に必要な栄養素がプロテインになるので、両方摂取した方が良いのです。

増量期と減量期両方に良さげ

増量期は当然ですが筋肉を増やそうとしているので、この際に筋肉を増やすスイッチを入れるHMBはかなり有効ですよね。

ですが減量期は「脂肪をメインで落とすけど、筋肉も極力残す」ものになります。この際に筋肉の分解を防ぐHMBを投入しておく事は効果を上げてくれそうです。

減量期の欠点が「筋肉も一緒に落ちてしまう」事なので、それをトレーニーは筋トレをして極力防ごうとしています。だから筋肉の分解を防ぐ効果のあるHMBとの相性は良さそうですよね。

増量期の人はもちろん、減量期の人も試してみてはどうでしょうか?

飲むタイミングはトレーニング前後

HMBを摂取するタイミングはトレーニング前後となっています。

筋肉の分解を防ぐ事を考えるとトレーニング前の方が良いんじゃないでしょうか?僕はトレーニング後にはプロテインも飲むので、先に飲むようにしています。

HMBを先に摂取して、トレーニングを終えた頃にプロテインを摂取する方が同時より良いんじゃないかなー?と勝手に思ってます。栄養素を一気にぶっこんだら身体がビックリしそうですしね…。

スポンサードリンク

飲むだけでは意味がない

これはもうプロテインでもクレアチンでもHMBでも全部一緒ですが、飲むだけでは全く意味がありません。

筋肉やトレーニングについて勉強をした事がない人は、こういう筋トレ系のサプリメントを筋肉増強剤と勘違いしている人が結構います。

実際僕もプロテインをオススメしたら「プロテインで作った筋肉なんて偽物じゃねぇか」って言われた事があります…。それはステロイド(筋肉増強剤)ですと突っ込みましたが…プロテインは上記した通りただのタンパク質なので…。

あくまでトレーニングをした上で飲む

プロテインもクレアチンもHMBも、あくまでトレーニングをした上で摂取する事で効果を発揮します。

ただ飲むだけで筋肉はつきません。それが出来たら相当ヤバイ薬になるので、僕は絶対にオススメしませんし、飲んじゃいけません。怖すぎます。

サプリメントはあくまで栄養補助が目的です。貴方が自分の肉体を追い込んでトレーニングしているなら、そのトレーニングの効果を最大限に引き出すために必要な栄養素を極力効率よく取り込むために摂取しましょう!ってものです。

だからトレーニングをしていない人は飲む必要はありません。栄養素は使われる事無く全部無駄に流れていく事でしょう。

むしろカロリーなどを全然使ってないのに更に高品質な栄養素を肉体に投入する事になるので、栄養素が全部余って脂肪になる可能性もあります。

飲むだけでOKって商品は疑おう

「飲むだけでOK!」って宣伝している商品は疑った方が良いです。

あくまで飲んだ上でトレーニングをするから効果があるのです。自社商品を強く宣伝するために「プロテインより凄いよ!」なんて言っちゃう所もあるでしょう。

ですが実際にはプロテインと併用した方が良かったりもするので、その辺りは注意です!(笑)

飲むだけで痩せる!飲むだけでマッチョへ!なんて商品は絶対に信じない方が良いですよ。効果があっても危ない薬ですし、なかったらただの詐欺です。

HMBも含まれているサプリのレビューもあるのでチェックしてみて下さい~。