ロイシンとは?筋肉サプリによく含まれているBCAAの一種

      390 views 

ロイシン

ロイシンという成分を御存知でしょうか?以前から紹介しているBCAAの中の一種と言う事です。平たく言うとこれも必須アミノ酸って事になります。

必須アミノ酸のサプリメントどんだけあんねん!って感じですが、筋トレサプリを理解する上でまたこのロイシンも重要になってくるので、今回はロイシンについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

BCAAとロイシンとは?

そもそもがBCAAとはバリン、ロイシン、イソロイシンと言う3種類のアミノ酸を指しています。

このBCAAの中の一つの必須アミノ酸が今回紹介する「ロイシン」です。

BCAAの主な役割はこれらでしたね。

  • 筋肉疲労を軽減してくれる
  • 筋肉痛が早く治る
  • 筋肉の分解を抑制してくれる

BCAAについてはコチラの記事を参考にしてみて下さい。

ロイシンはここから更に細かい部分になるので、こういう効果があります。

ロイシンの効果

  • 筋肉を作り始めるスイッチになる
  • 肝機能を強めてくれる
  • ストレス緩和

ちょっとビビるぐらい良い効果が含まれていますね。改めてBCAAって最高だと思いました。

特に筋肥大をスタートさせるためのスイッチになる栄養素との事なので、増量したい人にとっては凄く欲しい栄養素である事がわかります。

またストレス緩和効果があるってのも個人的には嬉しいです。ストレス人間なので。

ロイシン単体のサプリメントもある

ロイシンが非常に良い事はわかっていただけたとは思いますが、繰り返しますがこれはBCAAにも含まれています。

でも実はロイシン単体のサプリメントもあります。

しかし上記した通りBCAAにも含まれているもので、BCAAの中の更にロイシン…という細かい栄養素って事になります。

そして見た所、結構な値段しますね…。

ロイシンの1日の摂取量が体重1kgに対して39mgって話なので、僕が今63kgだからそれで計算すると2457mgって事になります。

って事は2.5gを毎日摂れば良いと…ハイ、計算面倒ですね!

ってわけでそれらに関してはBCAAだったり、他のサプリをを飲む事で補えば良いんじゃないかなぁ…とは思います(笑)

大体BCAAもEAAとかも全部プロテインにも含まれているので、プロテインを飲んだらその分は補充されています。

足りない分を更に個別のサプリメントで補うのが正しい使い方だと言えるので…個人的にはロイシン単体をサプリでわざわざ飲む事はないかなぁ…と思いますね。

HMBやBCAAを摂取してればある程度は摂れると思います…たぶん…(笑)

スポンサードリンク

ロイシンは良い栄養素だが個別で摂るべきかは微妙

もちろんあまりBCAA摂ってないとか、プロテインも飲んでないとか、そういう人の場合はロイシンを個別で摂取するのは全然有りだと思います。

でも僕個人としては「そういう栄養素がある」と把握するだけで十分かな?とは思います。

結局タンパク質はプロテイン、それとHMBやらBCAAやらを摂取する事になると思うので、その辺りでロイシンも入ってるので…。

ロイシンの効果は魅力的ですが、だからと言って無理にバクバク摂る必要はないと思います。そのあたりはBCAAやEAAサプリメントを摂取する事で補えば十分でしょう。

と、偉そうに言ったもののちゃんと個別でサプリメントとして販売されている以上、需要はあるんだろうな…とも思います…。

しかし改めて調べれば調べるほど、タンパク質もBCAAも似たようなもので、大なり小なり他のサプリメントにも含まれているので、あまり過剰摂取はしない方が良いとは思います。

どちらかと言うとBCAAやEAAってやっぱり良いよね!って話しですね。