筋トレもダイエットも実はお金が必要…健康的に無理しない食事をすると食費が増えます

投稿日: 1,369 views

食事

筋トレとボディメイクについて色々と勉強して自分でもテストをしているんですが、考えれば考えるほど、知れば知るほど「これはお金が必要になるんだな」って事がよくわかってきました。

子供の肉体を作り上げるにも、同様にやっぱりお金は必要だと思います。

なんでかって言うと、糖質が少なめで栄養価が高くて体に良い食事って、そこそこに高いんですよね。

炭水化物は安い

お米にしろパンにしろ、炭水化物ってかなり安いんですよね…当然ながら「主食」と言われているものなので、それだけ安く購入する事が出来ます。

普通にそこらで食事をする時だって、お米のおかわりは自由だったりします。

だから実はお金がない人って炭水化物でお腹を満たす傾向があるんです。

少量のお肉に沢山のお米でお腹を満たすのって、誰だってやった事がありますよね?僕も実際にあります(笑)

だからついつい安く食事を終えようと思うと、炭水化物が増えるんですよ。

必要な栄養素は炭水化物以外に多い

ですが脂肪を少なめにして美しい肉体を作ろうと思うと、どうしても炭水化物以外の栄養素が必須になります。

簡単に言うとお肉と野菜を沢山食べるようにすれば実は太りづらいですよね?

ですがこれを主食にしようとすると、炭水化物をメインに食べるよりも遥かにお金が必要になります。これが「ボディメイクにはお金が必要」だと言いたい理由なんです。

炭水化物以外でお腹を満たす必要がある

もちろん増量期で「もっと体を大きくしないといけない」時期は炭水化物もガッツリ食べるので、そこまでお金は必要ありません。

ですが減量期に入った時や、キープをする時には炭水化物をちょっと抑える必要があります。その上で野菜やお肉を沢山食べる事でお腹を満たす事になります。

お腹が減った分はお肉と野菜をしっかり食べる事で、食物繊維やタンパク質を摂っておく事が必要になります。

健康を考えると実はこの方が良い。炭水化物も当然必須ですが、極端に炭水化物を沢山摂取する事は糖分ばかりを摂取する事になるので、増量期でもない限りは決して良い事でもないんです。

スポンサードリンク

太りたくない人にとっては糖質は不要

当たり前の話でもありますが、太りたくない人にとっては糖質は不要となります。

当然アイスやお菓子などの単純に甘いものを減らす努力も必要にはなりますが、それ以上にパンやお米を減らす事が一番大事なんです。

今まで食事について深く考えた事がなかった人は、どうしてもパンやお米を食べる事でお腹を満たす習慣があると思います。

でもそれが最も太る原因になっているんです。誰もが思いつく「お菓子・アイス・油物はダメ」って事はわかっていても、この「お米やパンも太る」って事を理解してない人は結構多いです。

そして油物はそこまで深く考える必要は本来はありません。

一番の問題は「揚げ物」でして、どうしても小麦粉やパン粉を使っているとそこで炭水化物が入っているわけで、脂質&糖質になってしまうのが最大の問題だけです。

糖質をコントロールすれば簡単に痩せる事は出来る

この「糖質過剰摂取状態」だけを意識すれば結構簡単に痩せる事は出来ます。

少なくとも僕はそれだけで痩せる事は出来ました。案外炭水化物を摂取せずにカロリーオーバーをするのって難しいんですよ。

適度に野菜とお肉を食べるようにすると良くて、特に赤身を食べるようにすると良いです。食べるのに疲れちゃったり、水分が必要になるものを食べるのも食事のコントロールには有効ではあります。

この糖質をコントロールすれば太るのを止める事が可能にはなるんですが、それを続けようと思うと、どうしても野菜やお肉を大量に買う必要が出るので、そこでお金が必要になるって事なんです。

サプリメントもちょっと高い

例えば僕の場合はプロテインは必ず毎日飲んでいますし、ある程度筋肉が欲しいので2〜3杯は飲んでます。

他にもBCAA、EAA、クレアチンなどのサプリメントは常時使っています。

そうなるとそこそこのお金は必要になるんです。プロテインだけでも月に1万円近くは吹っ飛ぶので、他のサプリメントの事を考えると最低でも1万円とちょっとは使っていると思って良いでしょう。

ただクレアチンとかBCAAはかなり単価が安いので、あんまりお金使わないんですけどね…(笑)

ただやっぱりベースとなるプロテインは月に1万円近く必要になるので、その分でまだ食費が増えるのは事実だと思います…それ以外の分は大した出費にならないんですけどね…。

スポンサードリンク

食事を減らすだけのダイエットは逆効果

無知の人が考えるダイエットって、たぶん「食事を抜く」事になると思うんですが、それをやると完全に逆効果になります。

筋トレを頑張っているのに食事を抜くと栄養素が足りずにどんどん筋肉を分解してしまいますし、栄養素が足りないと飢餓モードに入ってしまうので筋肉を減らして脂肪を増やそうとしてしまいます。

当然食べないで運動もおしていなくても同じです。どんどん筋肉は大きく失われて、脂肪が少し減る…ぐらいになるでしょう。

そして筋肉の方が重いので、体重が減って「やった痩せたー」と喜ぶ事になる。そこで運動せずに食事を戻せば脂肪が多く増えて、筋肉はほとんど増えない結果になり、どんどん肉体は脂肪の割合が増えていきます。

だから筋トレをするにせよ、単純にダイエットをするにせよ食事の質を考えないと絶対に成功しないんです。

食事の質を見ないで筋トレをしても、ダイエットをしても、恐らく逆効果をもたらすだけであまり良い効果を得られる事はないでしょう。少なくとも長期的に見れば必ずどこかで破綻します。

そこで必要な栄養素のコントロールをすると、その時点でお金が必要になる…って事になります。

お金をかけるべき優先順位は?

個人的には総てにお金をかけるべきだとは思っていますけど、一番大事なのはプロテインをしっかり飲む事、補助のサプリメントをしっかり摂る事がまず第一かなと思います。

そしてその次に普段の食事をコントロールする事、これが出来なければ話にならないからです。

筋トレの器具だったり、ジムに行く事にお金をかけるのはその次ですね。

最低限の筋トレは自重トレーニングでも出来ますから…ただダンベルを買うぐらいは最初にやった方が良いかな…お金がないなら尚更、ダンベルだけを我慢して買って、次に食事を考えるべきだと思います。

女性はまず食事にお金を使おう

女性に関してはまず自重トレーニングから入って一切問題がないので、お金がないならまずは食事を改善する事から始める方がベターです。

お菓子を減らしてサプリメントにして、お米やパンを減らしてお肉や野菜などを増やしましょう。

地味にこのお米やパンを減らしてお肉や野菜を増やす「ちょっとした出費」を毎日続けると、ボディブローのように食費がかさむんです。

お金がない状態だと結構きついんですが、まずはここにお金をかけるべきです。その上で自重トレーニングがある程度可能になってきたら、そこそこの重さのダンベルを買ってデッドリフトやスクワットの負荷を上げるのは手でしょう。

でも大して筋肉がない状態なら十分自重トレーニングで追い込めるので、最初はそこまで気にしなくて良いかなと、まずは食事が大事です。

男性はダンベルと食事を同時に

男性の場合は最低限のダンベルとして、30kg×2を買う事を絶対的にオススメします。

その後に食事の改善に手をつけるようにしましょう。

男女ともにまずはプロテイン

痩せたい場合でも太りたい場合でもプロテインは必須なので、まずはプロテインを購入する事をオススメします。その上で毎日の食事を改善しましょう。

プロテインは低カロリー高タンパクの代表格なので、とりあえず痩せるにせよ太るにせよ絶対に飲むべきものですよ!

余裕がある人はジムにも通おう

僕も最近はジムに通ってますが、お金は確かに必要になりますが何でもあるのはかなり便利です。

特にマシントレーニングはかなり使えます。怪我が多い人は特にマシントレーニングを活用してオールアウトする事をオススメします。

それでもやっぱり僕は「ジムは最後で十分」だと思っています。ただ例外が一つあって、ド素人にとってのプライベートジムは別です。

ど素人で一人でやる自信がない人は最初にプライベートジムへ

もちろん一定のお金がある事が最低限の条件となりますが、お金が持っている上で「やり方がよくわからない」「一人でやる自信がない」って人は、まず最初にプライベートジムに行く事をオススメします。

プライベートジムに行けばトレーニングのやり方も食事も指示をしてもらえます。今時は普通のジムに行ってもパーソナルトレーニングは普通にありますしね。

もちろんこれは「自分でやる自信がある人」は全然行く必要はないので、そういう人は先に食事などにお金をかけましょう。

痩せるにも太るにも一番大事なのは食事とトレーニング

忘れてはいけないのは決して食事は「抜けば良いもの」ではありません。

「良質な栄養をしっかり摂取する」事を意識しなくてはいけません。その上で増量期なら糖質もしっかり摂る、減量期なら糖質を減らす事を意識しなくてはいけません。

何より適切にカロリーコントロールもしなくてはいけないので、そこを意識すればするほどお金が必要になるよって話でした。

お金をケチってたら実は美しい肉体を手にする事は出来ないって事は覚えておいた方が良いと思います。

実際に勉強してみるとわかるんですけど、本当に安い食べ物って糖質が多いんですよ…辛いです。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.