筋トレ中に気持ち悪くなる原因は酸欠!改善する簡単な方法は?

投稿日: 46,627 views

ムキムキの人

筋トレを本格的に始めると、筋トレ中に気持ち悪くなったり、頭痛がしてきたりする事がよくあります。

実は先日から僕もその症状が出ておりまして、何度か本気で吐きそうになりました。

ってわけで自分も苦しんだので、筋トレ中に気持ち悪くなる原因などについて今回は書きたいと思います。

筋トレ中に気持ち悪くなる原因

では筋トレ中にどうして気持ち悪くなるのか?その原因は何かというと、実は酸欠になるという事でした。

酸欠とは「酸素が欠乏している」の略です。スポーツをしていると「酸欠になってる」って当たり前に使っているので、ついつい当たり前に使っちゃいますが、わからない人は案外わからないかも知れませんね(笑)

だから「酸欠状態」って事は酸素が足りていないって事です。ではどうして酸欠になると気持ち悪くなるのか?

なぜ筋トレ中に気持ち悪くなるのか?

激しい筋トレをすると、筋肉が沢山の血液を必要とします。その際に赤血球に含まれている酸素を必要としているんですね。

だから筋トレ中は、筋肉に優先的に血液が流れていきます。その結果内臓への血液量が激減します。そうなると消化機能が低下してしまいます。

消化不良を起こした結果、体は胃腸にある食物を外に出そうとして吐き気を催すようです。

また同様の理由によって運動中~運動後には脳に配給される血液と酸素が不足する事になります。こちらも気持ち悪くなる原因と言われています。

小難しい事を並べましたが、要するに酸欠になると気持ち悪くなる…という事です。

スポンサードリンク

筋トレ中に息を止めずに呼吸をしっかりする

気持ち悪くならないようにする予防法の一つとして言えるのが、まずは呼吸を止めずに筋トレする事です。

筋トレではどうしてもフォームや回数や重量ばかりに目が行きがちですが、本気でフリーウエイト筋トレをするならこの呼吸法もマスターしておかないと、酸欠になってしまうというわけです。

何も知らない状態だと、どうしても重い重量を持つ時に呼吸を止めて無酸素状態にして筋トレをしてしまいます。

この無酸素状態のまま例えばスクワットを10回やれば、どうしても息は切れてしまいますね。そうではなくてちゃんと息を吸って吐かなくてはいけません。

この呼吸法については言う事がこれまた人それぞれ違ってくるので、どれが正解なのかイマイチわかりません!笑

筋トレ時の呼吸法

僕はスクワットの場合はしゃがむ時に息を吸って、立ち上がる時に吐くようにしています。

ベンチプレスの時も降ろす時に息を吸って、上げる時に吐いています。

この際に軽く吸うのではなく、ゆっくり長く吸って吐くようにしています。当然力を入れながら呼吸をする事になりますよね。

だからハッキリと「スゥーーー、ハァーーーー」と声に出すレベルで呼吸をするようにします。

ぶっちゃけるとこれだけゆっくり呼吸をしても、それでも息が切れます。筋トレ中はそれだけ酸素を使ってしまうという事ですね。

この呼吸法についてはトレーニング種目によってバラバラになっているので、各々調べてみる事をオススメします。

ただ僕は結構適当にやってますけどね…デッドリフトの時も下げる時に吸ってお腹を膨らませて腰を守ってるし、基本的には下がる時に吸ってるかな…。


酸欠になるぐらいの負荷が実は一番効いている

筋トレの強度の目安として、僕は「息が切れるぐらい」をよく挙げています。

これは実際に強度の高いトレーニングをしている証拠としてよく挙げられている点なんです。

もちろん完全な酸欠になってしまうと、今回挙げているように気持ち悪くなってしまうので注意が必要です。

ですが筋トレの強度的にはそれが正しいのも事実なんです。

だから筋トレは息が切れるぐらいがベターなんですが、それでも完全な酸欠にならないように気をつける必要もあるので、そこは自分で調整して下さい。

インターバル中に呼吸を整えよう

ギリギリまで踏ん張れば踏ん張るほど、呼吸がどんどん乱れていきます。インターバルの最中はほとんど「呼吸を整える時間」に僕はなっています。

もし1セットを終えた際に呼吸が乱れていたら、呼吸が整うまでは僕は次のセットには入りません。インターバル中にちょっとでも仕事の作業をしたり、タブレットを見たりして自由に過ごしています。

呼吸がある程度整ってから必ず次のセットに行くようにしてから、気持ち悪くなる事は激減しました。

それまでは「呼吸が乱れていても1分で次のセットをやる!」って勝手に決めてたんですけど、そんな事をしてたから気持ち悪くなってたんですね…。

筋トレはエアコンが効いてる部屋でやろう

呼吸法もちゃんとしてる、インターバルも呼吸が整うまでは長めに取っている…それでも気持ち悪くなる人は本当に慣れだと思います。

気持ち悪くならなくなるまでは我慢するしかないんじゃないでしょうか…呼吸が乱れなくても気持ち悪くなる場合は、もしかしたら気温が暑すぎたりする可能性はありますね…。

個人的には夏場はエアコンをつけた状態で筋トレする方が良いと思います。僕はエアコンが効いた部屋でやってても汗が顔から滴り落ちるぐらいの汗はかきます。

もしエアコンが効いてない部屋で筋トレをしていたら、気持ち悪くなるのも当然です。たぶんそれは熱中症になりかけてるって話なので…。

よく「筋トレをエアコンが効いてる部屋でやるとかww」ってバカにする人もいますが、最近の夏場の暑さを考えると冗談抜きで死ぬと思います。

筋トレは自分を限界まで追い込むものです。鬼のような暑さの中で自分を限界まで追い込んだら本気で倒れますし、熱中症になります。ヘタしたらそのまま死にます。

それならちゃんと涼しい部屋で筋トレをした方が絶対に自分を追い込めます。ジムとかも全部エアコンついてますからね…それが正しいんです。

後はもう慣れるしかない

肺活量の問題もあるでしょうし、後は慣れだと思います。涼しい部屋で呼吸もちゃんとしながらやってても気持ち悪くなる場合は、一度負荷をちょっと落とした方が良いでしょう。

その上で気持ち悪くならないレベルで、筋トレを継続しましょう。無理にやり過ぎても体を壊すだけです。

気持ち悪くなるって事は体が拒否反応を起こしているわけなので、何かしらどこかで無理をしているはずです。自分を限界まで追い込むのが筋トレですが、壊したら意味がありません(筋トレでは誰もがよく体を壊します)

追い込む事が筋トレの目的ではありますが、その結果体を壊したり倒れたりしないように、頑張り過ぎには気をつけましょう。

僕も何度か本気で倒れそうになって横になったまま動けなくなった事があるので、頑張り過ぎには本当に注意しています…。

ダンベルやバーベルなどの重りを使って筋トレをしていて、筋トレ中に気持ち悪くなっちゃう人は、呼吸についてもう一度考えてみてくださいね。

インターバルを増やしたら気持ち悪くならなくなった

これまで早く筋トレを終わらせたい気持ちが強すぎて、どんどん次のセットに進んでいたから気持ち悪くなっただけの話だったようです。

インターバルをちゃんと増やすように変更したら気持ち悪くなる事はなくなりました。1セットで毎回結構息が切れているので、そのままで次のセットに行くと本当に酷い目にあいます。

インターバルを短めにする強度の高いトレーニングもあるようですが、慣れるまではやめた方が良さそうですね…最初僕は「筋肉の痺れが取れたら次のセットに行く」と決めていたので、息が乱れたまま次のセットに入っていたのが良くなかったようです。

もし気持ち悪くなる場合は…って話ですけど、その時はちゃんとインターバルを長めに取るようにして、気持ち悪くならないように、無理をしないように筋トレしてみてください。

僕は呼吸法とインターバルを意識してからは全く気持ち悪くならなくなりました。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.