楽をして痩せたい人は絶対苦労するって話…でも実は最初に勉強してちょっと頑張れば簡単になる

投稿日: 1,551 views

楽して痩せたい

「楽して痩せたい」って言葉をよく聞きますが、これは厳密には絶対に実現不可能なものです。

仮に脂肪吸引などの手術をして、楽に脂肪を減らして痩せる事が出来たとしても「楽をしたい」と言う思考を持ったままだと100%リバウンドするからです。

恐らくお金をつぎ込めば楽して痩せる方法はあります。ですがそれでも将来的に高確率で元に戻ってしまうので、結果論として成功しないと言う話です。

今回はこの「楽して痩せたい」がどれだけ無意味で無駄でバカげた考えなのか、徹底的に叩き潰したいと思います。

でも実はちょっと勉強をして、正しい手法を覚えたら結構簡単に痩せる事って出来るんですよね。もちろんそれを継続出来なければ痩せる事は出来ませんけどね。

楽して痩せる方法はある

いきなりひっくり返しますが、楽して痩せる方法はあります。

お金を支払う事です。それだけの話。世の中は金がすべてなのです。

ライザップを始めとした高額なプライベートジムに行く事や、上記した手術系でお金を使うのも良いでしょう。お金を持っている人はそうやって「楽をする」事は可能です。

少なくとも我々のような一般市民ほどの努力や苦労をする必要はありません。お金を持っているのならそれを使えば良いのです。それがすべてです。

プライベートジムでは「食事」「筋トレのやり方」を教えてもらう事が出来ます。

食べられる量や、改善点は人によって異なるのでやはり個別にアドバイスをもらう方がベターなんですよね。

ですがそれらはやはり「知識を買う」事になるので、それなりに高額を要求されてしまいます。

もちろん自分で勉強するのも手ですが、それだと楽には痩せられない。だからお金を支払う方が楽って事です。

サプリや器具を揃えるのにもお金がいる

筋トレのサプリや器具を購入するのも当然ですがお金が必要になりますよね。

そしてここが特に重要なんですが、プライベートジムは一度通えば知識を得る事が出来るので、後は「続けるモチベーション」さえあれば痩せる事は可能…と思わせておいて、サプリメントなどで栄養素は必要になります。

それだけじゃなくてジムではトレーニング器具が充実しているので、ダイエット時に必要な足や背中の筋肉を簡単に鍛える事が出来ますが、これが自宅だと鍛えるのが非常に大変になります。

自分に適した重量のダンベルやベンチなどがどうしても必要になるのが正直な所です。

だから結局自宅でやろうとしてもそれなりに金額は必要になる…と言う事になるのです…。

楽して痩せるために必要なものは知識

個人的に一番大事だと思うのはやはり知識です。

僕自身は痩せるのは全く難しいとは思いません。だって筋トレしてちょっと食事のコントロールをすればすぐに痩せる事が出来るからです。

実際に僕は自分史上最も体重を増やした後でも、簡単に元に戻す事に成功しています。やり方はこちらを参考に。

痩せる事は簡単です。でもそれは僕が知識を持っているから簡単ってだけなんです。正しい知識を持って、ちょっと頑張ればすぐに痩せる事は可能です。

矛盾をしていますが「楽に痩せるためには知識を得るために頑張る必要があります」ここですね。

最初に楽をするのではなく、最初に苦労をして知識を得たら、後は楽を出来ますよね?って事です。

個人的には最初ちょっと勉強して苦労をして、その後は楽に痩せるようにする方がベターだとは思います。もちろん筋トレを楽しめないと楽は出来ないのですが…。

食べ続けて痩せる事は不可能だと理解しよう

いつも書いてますが、結局人間は「食べれば太る、減らせば痩せる」「食べても動けば痩せる、でも動いた以上に食べすぎたら太る」ってだけの話なのです。

また食べるとしても食べるものによってその効果は大きく異なってきます。低カロリー高タンパクを選択すればある程度食べても全然問題ないし、むしろ沢山食べる必要が出て来ます。

ですが高カロリーの物を食べていれば、ちょっと食べたらすぐにもう食べてはいけなくなります。それぐらい単純なものなので、この辺りはいつも書いているように、自分の基礎代謝と食べているもののカロリー計算をする必要があります。

それらがしっかりやれているなら自然と痩せる事は可能です。また筋トレに慣れてきてしまうと、嫌でも痩せてしまったりもするので注意です。

実際に僕も増量期のつもりが、ちょっと油断してたら2kg落ちてたので…筋トレって本当に続けていると痩せやすくなるんですよ…。

食べた分は動かないと痩せない

食べてしまったらそれを取り返すには動くしかありません。

その「動く事が苦痛」な場合は痩せる事が出来ません。

動きたくない人は食事を減らすしかありません。ですがそれも結構苦痛ですし、何より食事を減らし続けて痩せる場合は、筋肉が真っ先に失われるので「体重を落とす」事は出来ても「美しい肉体」にはなれないんですよね。

元々筋肉が多くて太い場合は運動もせずに食事を減らして、筋肉も脂肪も減らせば良いのかも知れませんが、元々脂肪ばかりがついていて肉体が弛んでいる場合は運動せずに食事を減らしても更に筋肉が減って醜くなるだけなので注意です。

スポンサードリンク

綺麗になるなら筋トレダイエットがベター

結局綺麗な肉体を目指すなら筋トレダイエットがベターって事になります。

実際に僕は「有酸素運動」が大嫌いで、歩き続けたり走り続けたりはしたくありません。筋トレは好きですが、ジョギングは大嫌いです。

だけど僕は食事をコントロールして、週に2回だけ筋トレをして、後は一切動かずに引きこもっていても痩せる事に成功しています。

筋トレだけでもやれば痩せる事は出来ます。でもこの筋トレと食事の調整すら出来ない場合は、諦めるしかないんじゃないのか?って僕は思います。

結局楽をするためには勉強しないといけないので…その勉強を我慢出来れば、筋トレと食事の改善だけで痩せられるので「楽をして痩せる事が出来る」とも言えます。

元々痩せている人はたまたま良い食生活をしていた

例えば僕の妻が実際にそうなんですが、元々食事を何も気にせず、それでも腹筋が割れているぐらい痩せています。

身長も高く、足も長いのでよく「モデル体型」と言われており、しかも出産後もその体型をキープしています。

「そんなの体質じゃん」と言ってしまえばそれまでなんですが、改めて知識を得てから妻の食生活を見てみると痩せている理由がよくわかってきました。

たまたま食事が整っていた

妻の好物はこれらのものなんです。

  • レタス
  • ブロッコリー
  • きゅうり
  • ともかく野菜
  • 野菜かじってれば幸せ

というとんでも菜食娘だったのです。

逆にお米、お肉などをあまり好んで食べない人間なんですね…恐ろしいです。子供の頃から「おやつはブロッコリー」と言うわけのわからない子供だったそうです。

元々運動習慣を子供の頃から持っていた

更に恐ろしい事に妻は空手・ダンスなどを習っていたので、筋肉が元々ついていたんです。

腹筋が割れていた事からも、脂肪がほとんどない上に更に筋肉もしっかりあった事が伺えますよね。実際にキックミットを持って蹴らせてみると、僕の方が体重が20kg以上多いんですが「うおっ」と感じるぐらいの衝撃は受けます。伊達に子供の頃から空手やってません。

それだけの運動習慣を元々持っていたからこそ、ある程度の筋肉が隠れて存在しているのだと気付きました。特に足やお尻辺りは動き続けてきた証拠でしょう、隠れてついてるんですよね。

一見すると細いもやしみたいな体型しているんですけど、力を入れると足にはしっかりとした筋肉がついていたりする。個人的には「これって女性の理想型の体型では??」と思ったレベルです。

それもこれも単純に「子供の頃からやっていた運動の成果の遺産」と感じました。現在は空手もダンスもしてないので、その運動をしていた頃の遺産を食いつぶしている状況なのかなと…(笑)

たまたまだけど低カロリー高タンパクになっていた

妻が好きなものを見ると、タンパク質が高いものはブロッコリーぐらいではあったんですが、そのブロッコリーを頻繁に食べているんですよ。そして元々あまり食欲がないタイプなので太りようがない体質をしていました。

よく食べるのも野菜ばかりで糖質も過剰には摂取せず、その上でたっぷり運動しているので食べる時は食べているので、痩せた上で身長も伸びて良いスタイルをキープしていたようです。

これは完全に「たまたまそういう趣向だった」に過ぎません。ジュースも好きでなく、お茶が大好きという…太りやすいものが大好きな人からすれば羨ましい限りの食の好みをしています。

僕自身「太らない体質なんだろう」と妻を見ていましたが、そういうわけじゃなくてたまたま食事がそういう食事だっただけです。

スポンサードリンク

太らない体質と思っていた僕は動きまくっていた

思えば僕も子供の頃はぽっちゃりしてまして、中学生ぐらいになった頃から僕は腹筋が割れてどんどん痩せていきました。

その頃ってちょうど僕が筋トレを始めた時期と一緒なんです。元々僕はお肉や油ものやポテチやジュースやアイスが大好きな人間です。

太りやすい食事をしていたので、小学生の頃からお腹がちょっと出ていました。それが腹筋がバッキバキに割れていたのは、やっぱり筋トレを開始してからです。

そして肉体労働を開始してからは一切太る事が出来ずにいました。単純に「食事量を運動量が上回っていたから」です。

ほとんどの現場で僕は「最も動く奴」「最も根性があるヤツ」と見られていました。それぐらい頑張る事にかけては凄かったので、本当にどれだけ食べても足りない状況を常にキープしていたようです。

僕自身これまでずっと「太らない体質」と言ってましたし、そう言われてましたが単純に「それだけ動いていた」だけに過ぎません。

そりゃ休日に食べまくっている姿だけを見ている人達は「よくそれだけ食べて太らないね」と言われていただけで、実際には僕も動いていたんですよね。

もちろん大なり小なりの「痩せやすい体質」「太りやすい体質」はあるとは思いますが、実際に痩せやすい体質と言われていた僕が現状感じるのは「元々の生活習慣が大きい」と感じますね。

痩せた後のキープが必要なので結局一緒

ライザップなどでリバウンドをする人は、結局「痩せたい時だけ食事を我慢する」「痩せたい時だけ動けば良い」と思っているからリバウンドしているんです。

脂肪吸引などの手術を使った場合も同じです。結局施術後に自堕落な生活をしていれば当然どんどん太っていきます。

そう考えると楽をして痩せたいと思っても、その後にキープをしないといけないので全く無意味である事がよくわかると思います。

痩せた後にキープ出来ないと、本当の意味でダイエットに成功したとは言えません。また痩せても肌がボロボロでは意味がありません。だから過剰な食事制限も僕はオススメしません。

結局「適切な食事量を見つけて、筋トレなどの運動をする」のが最も楽に痩せて、キープもしやすいって事なんですよ。

急がば回れじゃないですけど、その「誰もがわかっている常識的な手法が最も近道」ってオチなんですね。

知識があるだけで効率は凄く良くなる

ただ何も考えずに「ご飯を抜けば良い!」「ジョギングすれば良い!」とだけ考えて実行するのと、筋トレの基本を覚えてから行う筋トレ、栄養素の勉強をしてから行う食事制限では全く効果が異なります。

どのタイミングでどの栄養素を摂取すれば良いのか?痩せやすくなるためのサプリメントはどれか?どういうトレーニングをすれば痩せやすいのか?それらを覚えるだけでも効率がめちゃくちゃ変わります。

実際に僕も筋肉を増やしたり、痩せたりを意図的に切り替える事が出来るようになったのは勉強をしてからです。

僕はこれまでめちゃくちゃ動きまくった上で、食事量が絶対的に足りていなかったので、全然筋肉が増えずに脂肪ばかりが削られて体脂肪率が6~7%になってしまったりしていました。

動けば動くほど体重と体脂肪率が減って、脂肪が失われるだけで一番欲しい筋肉が増えていないと言う悲しい状況ですよ。それを打破出来たのも栄養素を知ったから、正しいトレーニングを知ったからです。

「楽をして痩せたい」って思うのは人間の欲望として当然ですが、最初から最後まで楽をするのを目指すのではなく、最初に知識を得る所までは努力をして、最終的に「楽をしてキープする」事を目指す事が最も楽な方法だと僕は思っています。

食事と運動について勉強すればよくわかりますが、一気に10~20kg痩せるのは大変ですが、ゆっくり痩せていくのは実はすっごく簡単ですからね。

常に運動する週間をつけて、常に食事を「ちょっとだけ」気をつける。これだけで実は人間って痩せられるんですよ。

少しでも楽をして始めたい人はプライベートジムへ、苦労しても良いから自分で始めたい人は勉強をスタートさせてみてはどうでしょうか?

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.