すぐに腹筋を割る方法は?実は食事を改善するのが最大の近道です

投稿日: 2,283 views

腹筋

すぐに腹筋を割る方法を求めている人に、今回は手っ取り早い方法を紹介したいと思います。

そのためには「なぜ腹筋が割れるのか」を理解してもらう必要があるので、その小難しい話からです。

「腹筋を割るためにはとりあえず腹筋をすれば良い」って認識は100%間違っていますよ。

まずは正しい腹筋の割り方を理解しましょう。

すぐに腹筋を割る方法は?

痩せる事です。

人間の腹筋は最初から割れています。お腹に脂肪がついているとそれが見えないだけで、実はお腹の脂肪を減らせば腹筋は見えてくるのです。

これについては実は以前も書いています。腹筋運動だけをガムシャラに頑張っても意味はありません。

極端な話ですが、脂肪が一切なくなるまで痩せてしまえば腹筋は割れてくるのです。そしてそのために必要なものは筋トレではありますが、腹筋運動じゃありません。

全身を鍛えて食事制限をする

背中・足・お尻を鍛える事がダイエットの最大の近道となります。

これらを徹底的に行う事で脂肪が無くなっていきます。食事制限でカロリーを減らして、その上で筋トレを3日に1回やって追い込んでしまえばすぐに痩せますよ。

これが最も簡単な「すぐに腹筋を割る方法」になります。ではどうしてそういう認識になるのか?説明をしておきます。

消費カロリーを増やして摂取カロリーを減らすだけ

上記したダイエットの記事でも説明していますが、結局消費カロリーを増やして摂取カロリーを減らせば人間は痩せます。

そして人間が痩せる順番って大雑把には決まっているんです。

お腹が最初に脂肪がついて、失われるのも最後になる部位なんです。

だから実は全身が痩せていかないとお腹の脂肪は減りません。だから最後の最後まで腹筋が割れる事はないのです。

少しでも早く腹筋を割ろうと思っても、結局「全身が痩せないと腹筋は割れない」って事になるんですね。

太っている人だとかなり時間は必要

元々が太っている人だと、腹筋を割るまでの道のりはかなり遠くなります。

例えば顔や指まで脂肪がついてる人の場合は、お腹の脂肪が完全になくなるまでは相当の時間が必要になるでしょう。

また実際にそこまで太っている人の場合はお腹の皮もかなり伸びていそうですしね…。

僕はそこまで太った経験がないので、それだけ太っている人が腹筋を完全に割る事が出来るのかはわかりません…。結局僕は自分の経験からしか物を語れないので…。

ガリガリな人は腹筋を鍛えれば良い

元々ガリガリで、筋肉が全然ついていない人が腹筋を割りたいと思った場合は、そりゃ筋肉をつければ良いですよって話です。

その場合は逆に食事を増やす必要もありますし、プロテインを始めとした筋肉系のサプリメントの摂取をオススメします。

それでもたくさん食べすぎて、脂肪ばかりが増えても仕方ないので、その点に関してはしっかり自分に必要なカロリーについて調べてみましょう。

スポンサードリンク

正確に測るにはガジェットと経験が必要

方向性が違うだけで、結局両者に共通するのは「筋トレが必要で、食事の勉強をして適切な栄養の摂取が必要」って事なのです。

太っている人は減らす必要があるし、痩せている人は増やす必要があります。そしてその適切な量は大雑把には知る事は出来ますが、最終的には個人差があるので「自分で実験して微調整をする方が良い」ってのが僕の正直な意見です。

結局どれだけ動いているのかを正確に測るためにはガジェットが必要になります。それである程度の消費カロリーを算出して、その上で自分の体重や筋肉が減っているのか増えているのか、それを見て微調整をしましょう。

Fitbit Blazeを使ってみた感想…運動強度もわかって必要最低限の機能があるベターなスマートウォッチ

FitbitのchargeHRの感想…心拍数で運動強度を見たい人へ

これらの心拍数込みで活動量を見てくれるデバイスがあると、自分がどれだけ動いているのか一目でわかるので食事の栄養調整がしやすくなるのでオススメです。

その上でどのように変化したのか、自分で微調整するのが最もベターです。感覚や適当にやっていてはいけません。ちゃんとアプリなどを使って「今日は何カロリー摂取した」と残しておくと、消費カロリーと摂取カロリーの水位がわかりやすいのでオススメです。

僕は特にやり始めた頃はそのようにして正確にカロリーを測って「これぐらいだと太る」「これぐらいだと痩せる」と把握していました。

最近大雑把になっていたら、増量期のつもりが2kg痩せてしまっていてビックリしました…ある程度の増量をしてしまうと、ちょっと食べるのをサボったらすぐに痩せてしまいます…。

痩せても筋肉がないと綺麗には割れない

困った事に腹筋にも筋肉が当然あるので「脂肪を完全に無くした状態」になっても、全く筋肉がなければ腹筋は割れません。

どちらが先でも問題はないと僕は思いますが、痩せている人は先に筋肉をつけてからまた脂肪を減らしてバッキバキにする方向がベターかなと思います。

太っている人の場合はそもそもダイエットしないと話にならないので、まずは筋トレしつつ食事制限でカロリーを減らして痩せる事から始めましょう。

そして脂肪をなくした結果「全然腹筋がない!」となったらそこで増量期に入れば良いだけです。

だからバッキバキに腹筋を綺麗に割りたい場合は、最終的には腹筋は必要になります。

ある程度の腹筋は筋トレをしてれば勝手につく

ただある程度の腹筋は、無理に腹筋ばかりに注力せずともフリーウエイトトレーニングを取り組めば勝手に付きます。

ダンベルやバーベルを使ってスクワット、デッドリフトをするだけでも実はめっちゃくちゃ腹筋を使っています。極端な話、レッグプレス(マシントレーングで大腿四頭筋を鍛えるやつ)をしている時ですが、腹筋をめちゃくちゃ使ってますから。

特にビッグスリーと言われる「ベンチプレス」「デッドリフト」「スクワット」は全体を鍛える事が出来るので、それで十分腹筋はつくんですよね。

ムッキムキのマッチョを目指していて、腹筋もバッキバキに割りたい場合はそれ以上に鍛える事は必要かも知れませんが、個人的にはそこまで頑張ってつける必要はないかな?って思ってます。

僕も全く腹筋は意識して鍛えてませんけど、デッドリフトをやってると自然と姿勢がよくなるのもあって、勝手に腹筋はついてますからね。


腹筋だけを鍛えるのは本当に無意味

既に上記していますが、痩せるために必要な筋肉は背中、足、お尻辺りであり「腹筋を割りたいから腹筋を頑張る」ってのは、実に非科学的に無意味な行為となります。

それが適応するのはあくまで「ガリガリで筋肉がない人」に限ります。

ガリガリで筋肉がなくて「他の筋肉は一切要らないから、腹筋だけが割れればそれで良い!」と思っている人は腹筋運動をひたすら頑張ると良いでしょう。

個人的にはドラゴンフラッグでもやると一番ベターかなと、無理なら他の簡単な腹筋運動から徐々に鍛えていけばOKです。

これらを参考にするとわかりやすいと思うので、是非チェックしてみて下さい。

バッキバキに割れてる人は大体全身を鍛えている人ばかり

結局腹筋がバッキバキに割れてて綺麗な人って、全身を鍛えている人ばかりなんですよ。

ある程度鍛え終わっていて、脂肪も削った上であのバッキバキの腹筋が有るので、全身に結局筋肉がついているんですよね。

全然鍛えてないぷにぷにの肉体の人が、腹筋運動だけをひたすら頑張っても完全に無駄なんです。

本当の意味で腹筋をバッキバキに割りたいなら、結局全身を鍛えてボディメイクをしないと意味がありません。

また、これは個人的な意見なんですけど、腹筋だけバッキバキで、胸にアバラ浮いてる人とかカッコイイか?って話なんですよね…(笑)

結局全身をまんべんなく鍛えるのが最強だと僕は思いますよ。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.