筋トレはパートナーがいると効果が大きい…一番はパーソナルトレーニング

投稿日:2015年9月19日 更新日: 1,373 views

二人でジムに行くのも良いかもよ

筋トレには、パートナーが必要だと個人的には思っています。

と言っても筋トレパートナーと言っても色々なパターンがあります。今回は「筋トレとパートナー」と言うお題で話をさせて頂きます。

個人的にはどのような形であれ筋トレパートナーは必要だと思っています。

筋トレパートナーとは?

筋トレパートナーと言われても、どれぐらいのレベルなのかちょっと迷ってしまいますね。

個人的には今回言う「パートナー」については、メニューを考えて一緒に筋トレをしてくれるプロのパーソナルトレーナーから、たまに会って「今これぐらいの筋肉になったよ~」って見せ合う程度のものまで、全部だと思っています。

一緒に筋トレするのも、メニューを考えてくれるプロがいるのも、立派なパートナーです。

もちろんたまに会って「今の筋肉これぐらいだよ」「今こういう筋トレしてるよ」「こういうのが良いよ」って筋トレの話が出来る程度のものも、筋トレパートナーって呼んで良いと思います。

パートナーがいるとモチベーションが高まる

一緒に筋トレをしていればモチベーションが続くのは誰もが想像がつく所ですよね。

でも実はたまに会って「今こういう筋トレしてるんだ」「この器具が良いよ」「このメニューが良いよ」って話が出来る人がいるだけで大きくモチベーションを高める事が出来ると思います。

僕はたまに会った友人らには必ず筋トレの話を振るようにしています。男同士なのでみんな筋肉に興味はあるので「こういうの良いよ」ってお互いに話したくはなるんです。

そこでお互いに情報交換をする事によって「帰ったらまた筋トレ頑張ろう!」って新たなモチベーションに繋がるんです。このモチベーションアップ効果が一番大事だと思います。

スポンサードリンク

モチベーションがないと筋トレは続かない

筋トレは基本的には一人で行うものですが、モチベーションがないとどうしても続きません。

例えば習い事をしていて、大会などがある場合は「大会に向けてパフォーマンスをアップしたい」という明確な目的が発生しますよね。

そういう場合は個人的にはモチベーションが枯れる事はあまりないと思います。ですが個人的に「ムキムキになりたい」「痩せたい」と思って筋トレをしている場合は、このモチベーションを維持するのが一番難しいと思うんです。

実際僕がそのタイプで、ただ「ムキムキになる」と漠然と考えているだけなので、モチベーションを維持するには自分一人だと厳しい。

友人に会った時に「ちょっと太くなった?」とか「ゴツくなってきた?」って言われるとモチベーションが高まります。

でも個人的に一番モチベーションが高まるタイミングがありまして、それがやっぱりスポーツをした時です。

競う相手がいるとモチベーションが高まる

友人とPK合戦をした際に、友人が僕より身長が10cm以上高いので体格から言って全く違うわけですよ。

そうなると体重も違うのでパワーが全く違う。ボールを蹴るだけでもその威力が全く違うわけです。

そのパワーを目の当たりにすると「もっと鍛えてこれぐらいのパワーが欲しい!」って凄くモチベーションを刺激されました。

そういう事を定期的にしていると、やっぱり日々の筋トレに力が入るんですよね…キック力には腹筋(腹斜筋)が不可欠なので「腹筋をもっと鍛えよう!」とか強く思うんです。

ちなみに腹斜筋はサイドベントで鍛える事が出来ます。

こうやって「ここをもっと鍛えないと…!」と新しいモチベーションを持ち帰る事が出来るんですよね。

スポンサードリンク

トレーナーがいる強み

パーソナルトレーナーがいる強みは、確実に「プロがメニューを組んでくれる」「正しいやり方を教えてくれる」という点です。

値段は張るかも知れませんが、このパーソナルトレーナーについてもらうのは大きすぎると個人的には思います。

ライザップなどの完全個人指導のプライベートジムに人気があるのはこのマンツーマン指導があるからだと思います。

値段が高くても、本当に鍛えたい人からすれば最高の環境の一つだと思います。

でも個人的には本格的にやりたい人以外は、そこまでライザップなどのマンツーマン指導にこだわる必要はないとも思っています。

もちろん一番楽なのはパーソナルトレーナーについてもらって、メニューや食事なども考えてもらう事ですけどね…それが一番の近道なのは事実です。コストはその分かかりますが。

友人らと一緒にトレーニングする効果

今回言いたいのはこれです。パートナーと言っても友人などと一緒に筋トレする場合です。

筋トレパートナーがいる場合ですが、横から口出しをしてもらえるんですよね。

デッドリフトの時に「腰が曲がってるぞ!」って教えてもらえたり「おいおいもう一回出来るだろ!?w」って冗談混じりで鼓舞してもらう事が出来ます。

例えば僕が友人と筋トレをする時は、お互いに罵倒しあうんですよ。

最初は「頑張れ!8回まで頑張れ!」って言っておきながら、8回までいった時に「あーもう無理だ!」って言うと「もう一回!あともう一回!」と煽ってくるんです(笑)

めっちゃくちゃうざいんですが、その「うざいな!」って気持ちをパワーに代えてもう一回の踏ん張りを生んでくれます…本当に…笑

最後の一回は最高の結果を生む

筋トレでよく言われるのは「限界が来てからの最後のもう一回が一番大事」というものです。

追い込んでからの最後の一回が最高の結果を生む…とも言われておりまして、最後の一回をギリギリ上げるために筋トレをしていると言っても過言ではないレベルの話なんです。

自分一人で筋トレをしていると、ついつい甘えてしまって「あーもう無理だ!」と思ってしまうんですが、筋トレパートナーがいるとそこで「もう一回!もう一回行けるよ!」ってわけのわからん鼓舞を頂けまして、そこで「おっしゃいったるわああああい!」と何故か上げる気になるんですよ本当に…笑

僕もその一回を本当に頑張ってデッドリフトでちょっと腰痛めましたからね(これは悪い例)

でもそれぐらい効果が高いと言われているんです。その最後の一回を誘発してくれるので、パートナーの存在は本当に大きいと思います。

僕の場合は奥さんと一緒に筋トレする事もありますが、その時もお互いに「いやいや余裕そうだしまだいけるでしょ!」ってお互いに煽り合戦になります…笑

この最後の一回が出来るようになるってのはパートナーがいる効果だと思います。

本気でやるならライザップなどの個室ジムの検討も

自分でも思うんですが、本気で完全に肉体改造をしたい場合は、個別にパーソナルトレーナーと契約した方が良いと思います。

有名な所になるとライザップって事になりますが、ライザップに限らず個室ジムの検討をしても良いんじゃないでしょうか?

パーソナルトレーナーをつけた事でダイエットや肉体改造に成功した例も結構ネットで報告されています。

ある程度筋トレのやり方をマスターしている人の場合は、後は鉄の意志があれば筋トレで目標達成出来ると思いますが、もし自分一人では不安だと言う人は、パーソナルトレーラーとの契約も検討してみると良いと思いますよ。

もし周りに筋トレに励んでいる友人がいる人は、惜しまずに友人と一緒にやってみる事をオススメします。

お互いに良いモチベーションを与え合う事が出来ると思いますよ。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.