筋トレ・ダイエットの個人差は確実に存在する…だからこそパーソナルトレーニングがオススメって話

投稿日: 28 views

筋トレをしている人

「筋トレのやり方に正解はない」これは至極ごもっともで、ちょっと時間が経つと「実はあれ間違ってたわ」って実験データが出てくるのが「健康関連」ではもうデフォルトになってます。

実験したり科学の進歩で「これまで正しいと思ってた事が間違ってた」ってのはめちゃくちゃありまして、その度に新しいやり方が広まって無限ループしている感じです。

ただこの「筋トレのやり方」について個人的に強く感じている事があって、それは「個人差を調べるのが難しい」って点です。

筋トレには個人差ってのは本当に存在します。たまたま先日某氏とTwitterでその話題になったので、個人的な見解をまとめます。

結論的には恒例で「素人が浅知恵出すよりは、プロに見てもらった方が絶対近道だよ」って話です。

スポンサードリンク

筋トレの効果に個人差はめちゃくちゃある

なんでかって言うと、体質があるんですよ人間には。

極端な話ですが、アレルギー持ちと、そうでない人の差って大きいでしょう?

そばって結構健康食でヘルシーなんですが、世の中には「そばアレルギー」なんてのもありまして、健康に良いはずのそばを食べたらアレルギー症状が出て苦しむ人も世の中にはおるんです。

もちろん同じ「人間」って種族なので、ある程度のベースは当然あります。

ですが昔見たテレビだと、なんか昔からの習慣でイモしか食べてない民族(だっけな?)がムッキムキになってて、調べてみると

「その民族はイモからタンパク質を摂取できる」と言う特異体質に進化してたそうです。

なんじゃそりゃと、ずるいなって話なんですが、これもある意味では「個人差」でして、何故かそういう人間も世の中にはいます。

この「個人差」っての、本当に酷い話でして全然サッパリわからんわけで、本人が実感するしかないので、他人にはもうどうしようもないんですよ。

筋トレやダイエットの効果は個人差がめちゃくちゃ大きい

これはもう「成長」の部分なのでもうどうしようもないなって思うんですが、筋トレやダイエットでの個人差はもうどうしようもない。

身長が違えば骨格も違うので、そうなると同じトレーニングをしても微妙に効果が異なるわけですよ。

手のサイズ、足のサイズ、腰のサイズ、胴のサイズも違えば比率も異なりますよね。そうなるとフォームが同じでも微妙に効果が異なります。

食事の吸収率が違えば「同じ量を食べても吸収率が変わる」んです。

これサプリメントとかを摂取した時に大きな差になるので怖いんですよ。プロテインを何g飲めば良いとか言っても、吸収率が良い人と悪い人では結構違うと思うんですね。

だから人によっては「俺はプロテインをこれぐらい飲んでも効果がなかった」「俺はこれぐらいで効果が出た」とか、そういう話が当然出るんです。

じゃあその「自分に合った量はどうすればわかるのか?」というと、自分で飲んで試すしかないんですよね。個人差があるんで、便利な言葉ですよね個人差って(笑)

これトレーニング方法、フォーム、食事量、サプリメントの摂取量、頻度全部ちょっとづつはズレます。

面倒な話なんですけど、こればっかりはどうしようもない。

スポンサードリンク

正解は各々異なってしまう

だからどうしても筋トレでもダイエットでも、正解は微妙にズレるんです。

これ恐ろしい事に、一回の筋トレ時、一回の食事で仮に5%ズレたら、それを1ヶ月繰り返したらとんでもない差が出るんですよ。

5%のズレでも、31回(食事の場合は大雑把に96回かな?)繰り返すととんでもない誤差が産まれます。

となると、同じことをやってAさんは筋肉量が3%増えたのに、Bさんは変わらなかった…なーんて事もありえるわけですよ。

だって実際にどれだけ食べても太らない人もいれば、食べたらめっちゃ吸収してすぐに太る人もいるわけで、そういうのも総て「自分を基準にベースを探さないといけない」ってなるわけです。

最大の近道はやはりプロに見てもらう事

このブログでは何度も言ってますが「最短距離を走りたいならパーソナルトレーニングを受けなさい」と言ってる理由はそれです。

大雑把には「現代の筋トレ界・ダイエット界ではこれが主流」って方法があるんですけど、それが100%誰にでもあてはまるかは「実際にやらんとわからん」のです。

んでまぁこれまで先人が確立してくれた様々なやり方がありますが、その効果の%はやっぱり人によって異なります。

ただ大原則であるこれらは絶対ブレません。

  • 食事のコントロール
  • トレーニング(内容はそれぞれ異なる)
  • 休養をしっかりとる(頻度は各々)

これは絶対的に100%変わりません。これは絶対にやらないとダメです。

でもその内容に誤差が生まれるわけで、人によってはもっとタンパク質がいるかもしれません。HMBの効果がない人がいるかも知れません。筋トレの方法が合わないかも知れません。ちょっときつくやると筋肉系の怪我をする人かも知れません。

問題は「素人がそれに早く気づけますか?」って話なんです。

トレーナーにはサンプルが沢山集まる

ぶっちゃけるとお客さんを指導した経験が「サンプル」なんですよ(笑)

その結果「以前も同じ感じの人がいたけど、こうしたら改善されたな」なーんて知恵も身に付いているわけです。

筋トレ初心者がちょっとブログ見てやってみた事で本当に完全に効果が出るかは個人的には疑問です。僕自身、色々と試行錯誤した上でやってきましたし、何度もたくさん失敗して現在にいたるので…。

その「自分に合っているか試す時間」が一番無駄だと思うんです。だから「プロのトレーナーについてもらうのが最も手っ取り早い」と常に僕は言うようにしています。

スポンサードリンク

未経験者が自分に合っているか判断するのは難しい

繰り返しますが、スポーツ未経験者が「これでやり続ければ大丈夫だ」と実感できるかどうかはかなり厳しい。

僕も最初全くそれがわかってなかった、適当にただ筋トレして「全然太れない」って、大して食事もとらずに嘆いてましたから、アホですよねと。

でもそれをちょっと勉強したら「あれ?色々と足りなくね?」とやり方を見返したら、簡単に太る事ができちゃったんです。

そういう経験があるので「やっぱり先人の知恵は大事だな」と改めて実感したんですよね。ただ効果は確実に上げれますが「どれがベストか」「どれぐらいの量・頻度がベストか」っていう微調整が本当に難しい。

それらをプロのトレーナーにチェックしてもらって「もうちょっとやれます」「こうすると良いと思います」ってアドバイスをもらうの、本当に大事ですよ。

ってわけで、個人的には「どれだけ鍛えてもマッチョになれない」「どれだけやっても痩せれない」って思っている人ほど、しっかり勉強して時間をかけて自分でやるか、お金を支払ってトレーナーに見てもらうか、どっちかの道を選択する必要があるんだろうなと思うわけです。

もう本当にね、個人差はどうしようもないですよ。いやホントに…持って産まれたもんですからね…。



Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.