筋トレ初心者が自宅トレ用に買うならバーベルよりダンベルにした方が良いと思う理由

投稿日: 18,597 views

バーベル

個人的にもよく感じる「ダンベルとバーベルの違い」について今回は書いておきたいと思います。

何でかって言うと、家で筋トレをする際に「ダンベルとバーベルのどっちを買った方が良いのか?」って絶対悩むと思うんですよ。

だから今回はあくまで個人の感想ですが、バーベルとダンベルの違いについてサクッと書いていきたいと思います。

初心者はバーベルに手を出すのならジムで手を出すようにして、家ではダンベルを使うだけに留める事をオススメします。

スポンサードリンク

バーベルとダンベルの主な違いについて

言わなくてもわかることではありますが、ダンベルとバーベルの大きな違いとはやはり「片手で使うか両手で使うか」の違いになります。

バーベルは基本的には片手で扱うものではなく、両手で扱うものです。そしてダンベルは基本的に片手で使うものですね。

だから必然バーベルの方が高重量になり、ダンベルの方が重量が低くなります。

よく聞くベンチプレスやデッドリフトの重量でも、バーベルで100kg上げられる人が、ダンベルで50kgづつを上げられるかと言うと実は違ったりします。

一つの塊を両手で持つのと、それぞれ別の物体を両手で持つのとでは身体にかかる負荷がちょっと変わってきます。

デッドリフトで100kg上げられるから、50kgのダンベルが2つ必要なのかと言うと、実は違ったりするので注意してください。

可動域の違い

両手で扱うバーベルと、片手で扱うダンベルの大きな違いの一つが可動域の違いです。

例えばバーベルでのベンチプレスと、ダンベルベンチプレスでは腕の沈め方が変わってきます。

ダンベルベンチプレスの方が深く沈める事が出来るんですね。

バーベルだと限界まで沈めても胸にバーが当たってストップしてしまいますが、ダンベルだと胸に当たる事はないので更に深く沈める事が可能なんです。

つまりその分可動域が広くなっていると言う事です。またこの可動域は筋トレにおいて非常に重要な要素になります。

勿論、必ず深く沈める事が正解なのかと言えばそうでもありません。ただダンベルとバーベルを使い分ける事によって、筋肉に違う刺激を与える事が可能になり、より筋トレの効果が高まります。

これは俗に言うマンネリ打破ですね。筋肉も一定の刺激だと慣れてしまうんです。

ちなみに筋トレはいつも同じトレーニングをするより、色々な種類のトレーニングをして違う刺激を与える事が大事なんですよ。

バーベルだと限られた動きしか出来ませんが、ダンベルだと可動域が広がるので、様々な角度で負荷を与える事が可能になり、筋トレの幅も広がるのも特徴の一つです。

スポンサードリンク

重量による危険度の違い

バーベルとダンベルでは危険度がまるで違います。

バーベルはどうしても高重量を扱う事が出来ます。大体バーベルを使う時って30kg以上になっちゃうじゃないですか。

でもダンベルでそこまで高重量を扱う事はないと思うんですよ。少なくとも初心者が30kg以上を扱う必要はまずないです。

でもバーベルだと60kgを使う事も出来てしまう。その60kgの物体を仮に落としてしまったらどうなるのか…と言う話です。

床に傷がつきますし、自分に落としたら大怪我です。ベンチプレスでセーフティをつけずにやっていたら下手したら真面目に死にます。実際そういう事故は起きてます。

ベンチプレスなんか特に補助なしでやっちゃいけないと思うんですよ。一人でやるものじゃないって僕は思ってます、何かあったら本当に怖いですしね…。

ベンチプレスをやるなら筋トレ仲間に見てもらって、補助をしてもらう方が絶対に良いと思います。まだデッドリフトやスクワットならマシかも知れませんが…。

この危険度の違いは個人的には大きいと思います。ホームジムを作るとして、倉庫などがあってそこにマットでもちゃんと敷いてやっている場合はともかく、自室だとちょっとバーベルは危険な気がします。

もちろん熟練者で慣れている場合はまだ良いんでしょうけど、筋トレに慣れていない初心者がいきなりそこまでやっちゃうのはどうかなー?と思ってしまうんです。

だから僕は初心者が無理に自宅でバーベルを扱う必要はないと思っています。バーベルを扱った筋トレにこだわるならジムに行く方が良いと思います。

ダンベルの方が場所を取らない

バーベルは言うまでもなく長いです。そうなると置き場所に困ります。繰り返しますが倉庫でもある場合は別ですが、自室に置くのはちょっと大変です…。

でもダンベルの場合は大したサイズではないので、少なくともバーベルよりは気軽に置く事が出来ます。

この置き場所に困らないと言う点でも、自宅筋トレにダンベルが適している事がわかる気がします。

スポンサードリンク

本気でやるならダンベルで高重量を買えば良いだけ

20kgのダンベルを購入して使ってましたが、すぐにその重量では限界が来てしまいました。

たまたま元々12.5kgのダンベルを持っていたので良かったんですが、それを持ってなかったらかなり困っていたと思います…。

だからもし「ダンベルかバーベルかを買おう」と思っているなら、個人的にはダンベルの60kgを購入する事をオススメします。

単純に30kg2つを手にする事が出来るので、これでデッドリフトもスクワットも60kgの負荷を与える事が出来ます。

ダンベルカールは最初は5~15kgぐらいでやる方が良いと思いますが、この一つでほとんどの筋トレとして使う事が出来るはずです。

実はこの話は以前も書いています。

初心者が自宅トレで使うなら絶対的にダンベルがオススメ

繰り返しますが、僕は初心者が自宅とで使う場合は絶対にダンベルの方が良いと断言します。

バーベルはジムで使えば十分です。一軒家を持っていて、トレーニングルームを作る余裕があって、広さもガッツリあって設備投資が可能ならバーベルを買うのも手だとは思いますが…。

基本的には初心者が一人でやる分にはバーベルは危険なので、個人的にはオススメしません。

自宅トレはダンベルぐらいで終わらせる方がベターです。

もちろん一番良いのは両方あること

当然ですが、一番良いのは両方を持っている事です。

ダンベルも使ってバーベルも使うのが一番ではあります。

でも「筋トレを始めたいんだけど、どっちを買えばいいの?」って悩んでいる人には、僕は「ダンベルから始めた方が良いよ」って絶対言ってます。

ダンベルの負荷でキツイなら、バーベルは絶対に続かないからです。

バーベルの場合はそれだけキツイので…まずはダンベルからスタートする方が絶対に良い。そもそも初心者が家で使うのは危険です。

ってわけで「バーベルとダンベルのどっちから始めたら良いのか?」と言うお題でしたが、僕は絶対ダンベルの方が良いという結論です。

どうしてもバーベルを使いたいならジムでインストラクターに補助をしてもらったり、使い方を教えてもらって使いましょう。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.