筋トレは鏡の前でフォームをチェックしながら!効果も高まるよ

投稿日:2015年9月26日 更新日: 2,100 views

これまでこのブログでも何度も「筋トレはフォームが大事」と言う話を書いてきました。

今回はまたこのフォームの話になるんですが、今回はちょっと細かい話をしたいと思います。

それは「フォームをチェックするために鏡を絶対につけた方が良いよ」って話です。

筋トレは鏡の前で行おう

何故鏡が必要なのかと言うと、人間って不思議なもので自分がイメージしている動きと、実際にしている動きに結構差が出るのです。

例えば「ダンベルカールは肩を落として上腕二頭筋にだけ意識を集中して、上体をぶらさずに行ってください」と言われても、実際にやっていると案外ぶれてるんですよ。

そのぶれを確認するためにはやはり鏡が必要なのです。鏡で自分の動きを見ながらダンベルカールを行う事によって、より一層綺麗なフォームで筋トレに取り組む事が可能になります。

まずは正しいフォームを覚えよう

ただしあくまで「正しいフォームを知っている」事が大前提になります。だから正しいフォームの知識をまず得てから、そこから鏡とかを持ち出さないと意味がありません。

正しいフォームを覚えた上で、自分がそのフォームをしっかり再現出来ているのか、そのチェックをするために鏡が必要だと僕は思います。

スポンサードリンク

鏡は姿鏡程度のサイズで良い

鏡に関してですが、そんなに大きなサイズの鏡は必要ないと思います。

ちょっとした姿鏡で十分。化粧台についている鏡でも全然良いと思います。ただ横になって行う筋トレとかも確認する場合は、それなりのサイズがないと厳しいかも知れません。

これぐらいのワイドミラーの方が色々な筋トレに使えて良いかも知れません。腕を横にするメニューとかだと横幅がないと腕の広げ方を正しく確認出来ないかも知れませんので…。

アップセットの時に確認するのがベター

本セットでフォームチェックをするのはちょっと大変です。だからアップセット…ウォーミングアップで筋トレを行う際に鏡を見ながら行うと個人的には良いように思います。

ウォーミングアップ程度の動作ならばそこまでの負荷をかけるわけではないので、ある程度の負荷で余裕を持ってフォームの維持をする事が出来ます。

なので全力で行う本番の筋トレの前に、鏡の前でフォームチェックを行うようにしましょう。アップで軽い重量で行う際にしっかりとフォームをチェックして、その上で本番の重量に挑みます。

もちろん負荷が高い方がフォームを維持するのは困難になるので、この際にも鏡の前でチェックをしましょう。

そうする事で改めて自分のフォームが正しく行えているのかチェックをする事が出来ます。

スポンサードリンク

フォームが崩れたら筋トレの効果が薄れる

フォームについてうるさいほどに書いてきていますが、どうしてそこまでフォームについてうるさいのかというと、それによって筋トレの効果が大きく異なってくるからです。

僕もフォームを最初軽んじていました。軽視していた結果、あまり筋トレの効果を実感する事が出来ていなかったんですね。

ですがちょっとしたダンベルカールや腕立て伏せ一つを取っても、フォームを正しく認識して行う事で非常に高い効果を発揮する事が出来るようになったんです。

これだけフォームを丁寧に確認した方が良いとうるさいのはそれを実感しているからです。鏡を準備するのも面倒かも知れませんが、あるのと無いのとでは大違いです。

筋トレ系のyoutuberの皆さんの動画を見ても、トレーニングをする場所には大体鏡が置いてあるんですよね。

それは誰もが自分のフォームをチェックしながら行っているからなんです。

だから筋トレをする際には鏡が絶対に重要なんですよ。

鏡はなくても問題はないが効果を高めたいなら必須

鏡は別にダンベルやベンチなどと違って「ないと困るよ!」ってものではありません。

別にないならないで、そのまま筋トレをする事は可能です。ただしつこいけど「あった方が良いもの」であるのは間違いないと思います。

ちなみにこれは筋トレだけに限った話ではないのです。

フォームで怪我を防止出来る

現在広まっている「正しいフォーム」と言うのは、様々な観点から調べつくされたもので、怪我をしにくいフォームでもあるんです。

正しいフォームで正しい負荷をすれば、怪我の可能性を限りなく減らす事が出来ます。もちろんそれでも自分の関節に限界が来て怪我をする事はありますが、めちゃくちゃなフォームでやるよりは可能性を減らす事が出来ます。

怪我は筋トレにつきものです。下手なやり方をすると簡単に怪我をするのが筋トレなので、必ず正しいフォームを覚えてから高負荷をかけるようにして下さい。

初めてやるメニューでいきなり高負荷を与えるのは危険です。

まずは正しいフォームを低負荷でしっかり覚えて、それから高負荷をかけるようにしてください。負荷が高ければ高いほど、フォームが崩れて怪我をしやすくなるので、それだけは避けるように気をつけてください。

思い通りに体を動かす練習になる

鏡を見ながら筋トレを行うと、自分が思った通りに身体を動かす事が出来ているのか簡単に確認する事が出来ます。

そしてその「自分の思った通りに身体を動かせるか」というのは、スポーツ全般において大事な事なのです。

自分の理想通りに身体を動かす事が出来れば、誰だって簡単にスポーツは上達していきますよね。サッカーでも野球でも、フォームが非常に重要なのは経験者ならわかると思います。

そのフォームを改善するのは簡単ではありません。それこそ鏡の前で何度もフォームをチェックして改善していくものです。

だから地味に鏡を購入して鏡の前で筋トレをしてフォームをチェックするのは、総ての運動において重要な「思い通りに身体を動かす練習」にもなったりします。

筋トレをする以上、大なり小なり運動にも興味は持っていると思うので、そっちの練習にもなるので鏡を使ってフォームのチェックをするのはオススメですよ!!

筋トレ効果も高まるし、他の運動総てのフォームチェックをする事で全部上達が早くなると思います。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.