腕相撲に強くなる筋トレ法と必勝法…結局実戦を繰り返すのが一番大事

投稿日:2015年9月27日 更新日: 6,966 views

腕相撲

男なら誰もがやらされる筋肉勝負の一つ、それが腕相撲です。

だから腕相撲で強くなりたい人は沢山いると思うので、今回は腕相撲で強くなる方法でも紹介したいと思います。

腕相撲って何故か力比べでみんなやりたがるんですよね…だからどうしても「腕相撲が強い=力がある」という認識になりがちです。

そうなると「筋トレしてるわりに弱いねw」って屈辱的な事を言われかねないので、腕相撲をやる機会がある人は鍛えておいても損はないと思います。

腕相撲で必要な筋肉は?

腕相撲で使う筋肉は大胸筋、広背筋、上腕二頭筋(力こぶの所)、前腕(握力)辺りです。

特に大胸筋と広背筋、そして前腕の比重は高いと思います。実は上腕二頭筋はそこまで重要じゃありません。

手首の強さもかなり重要になるので前腕を鍛えるのは必須になりますね。

一番良いのは実際に腕相撲をやる事

腕相撲で本当に強くなりたいなら実際に腕相撲をして鍛えるのが一番です。

だからもし腕相撲でどうしても勝ちたいなら、一番は腕相撲を沢山やる事です。

腕相撲を沢山やっていると、どういう人が勝ちやすいのか大体わかってきます。僕は家でよく親父やらと腕相撲をしていたので、わかっている事を残しておきたい。

スポンサードリンク

手の大きさも重要な要素

面倒な事に、腕相撲では手の大きさも重要な要素になります。なんでかと言うと、手が小さい人が大きい人と戦うと、相手の手が大きいので握力が上手く出せないのです。

この時点で手のサイズによってかなりの優劣が出てしまいます。親父の手が大きかったので、腕相撲をした際にかなりのハンデがある事を子供心に感じたものです…。

ってわけで実は手のサイズが小さいだけで一気に不利になる事は覚えておきたい。

手首の強さが何故重要か?

明確なルールが設けられている場合は別ですが、腕相撲は実は巻いた方が勝ちます。

どういう事かと言うと、手首を真っ直ぐにするのではなく、内側に巻くと力が入れやすくなります。ちなみに巻いた状態だと上腕二頭筋の力が物を言います。

卑怯な人になると、手首を思い切り内側に曲げて、自分の方に巻いて勝とうとします。厳密には反則ですが、これをやられるとまず勝てません。

だから腕相撲をやる時には必ず手首を内側に巻いてやるのは反則という事を最初に明示しておいた方が良いでしょう。もちろんこっそりこの卑怯技を使って勝っても良いかも知れませんが…知ってる人は大体知ってる卑怯技なので、下手に使うと「ズルだろ!」て怒られます(笑)

それでも微妙に手首を内側に巻けるかどうかで結局腕相撲の優劣に大きな差が出ます。だから本当に強くなりたいなら「相手に負けない手首の強さ」が必要になるんです。

ってわけでまず鍛えておきたいのは手首なんですね。ではその手首を内側に曲げるには…外側に曲げられないためにはどこを鍛えると良いのか?

スポンサードリンク

手首を強くする筋トレ

手首を強くするなら前腕を鍛えるしかありません。そして最も良いのはリストカール、リバースリストカールです。

ダンベルやちょっとしたバーベルがあればやる事が出来ます。やり方は以前の記事で紹介しているのでこちらを参考にしてみて下さい。

僕もリストカールをやるようになってから一気に握力がついて手首の強さが変わってきたのでオススメです。ただリストカールは軽い重量でやらないとすぐ手首を痛めるので本当に気をつけてくださいね。

胸筋を鍛える筋トレ

胸筋を鍛える筋トレと言っても、腕相撲に必要な筋肉はプッシュ系ではありません。あくまで巻く筋肉なので、そうなると必要なのはダンベルフライになります。

ジムでやるならバタフライマシンを使っても良いでしょう。バタフライマシンの動きは腕相撲にかなり似ているので、良いトレーニングになると思います。

腕相撲の卑怯技

腕相撲では厳密には反則ですけど、ルールを完璧に作ってあるアームレスリングとは違って「それありなの?まぁ良いか」と流される部分は結構あります。

酷い卑怯技になると、最初に本気でやるようには見せないでおいて「ゴー!」の合図が出た瞬間に全力を出して、初速でそのままぶっちぎる方法です(笑)

最初にちょっと力を入れて押す事が出来たら、後はちょっと体重をかけて押し込んでしまえばそれで勝ちです。

ちなみにこの際に相手が手首を内側に曲げてこらえていたら「いや、それ反則でしょ」としらっと言えたら完璧です…笑

腕相撲は胸筋と手首の強さが総てだと僕は思っています。だから一般人レベルならダンベルフライとリストカールをやってればある程度は勝てるようになると思いますよ。

あと繰り返しますが、やっぱり大事なのは何度も練習する事だと思うので、日頃から誰かと勝負している事も大事だと思います。

Copyright© マッチョ道 , 2017 AllRights Reserved.