スポーツ用マスクでメガネ曇り対策をしてみた…息苦しさはあるが確実に軽減は出来てます

ナローマスク

自転車(クロスバイク)に乗り始めた僕に大問題が発生しました。それは花粉症です。

僕はハウスダストアレルギーを常時持っている他、花粉症はほぼオールシーズンに対応と言う「パーフェクトアレルギー鼻水マン」です。

そんな僕が、ちょっとした郊外に住んで「山道を自転車で走ったらさぞ気持ち良いだろう」と言うアホみたいな考えで今回クロスバイクを買いましたが、そう僕はアレルギーマンなので、花粉症にもバッチリ完全対応させて頂いております。

先日何も考えずに「あ、マスク忘れた、でも良いや!」と自転車で山道を走ったら涙で前が見えない上に走りながら鼻水が後方に飛んでいくという、最悪なシチュエーションを発揮しました。

そこで今回は「薬を飲んでも全然効いてないスーパーアレルギー野郎がやる自転車時の花粉症対策」をご紹介します。

僕は効果ありました…僕は…(笑)

スポンサードリンク

メガネが曇らないマスクを探した

花粉症対策のメガネを買ったんですよ。そしたらかなり目の症状を緩和する事には成功したんですね。

花粉症対策メガネをつけてみた感想…曇るなどのデメリットはあるが確実に目のかゆみは軽減できました

そのかわりマスクをつけたらめちゃくちゃメガネが曇るという…(笑)

目の花粉症を改善する事が出来ても、結局鼻水が飛んでたら一緒です。自転車で走る度に鼻水をそこらに撒き散らす公害男になってしまいます。

そこで思ったのが「眼鏡が曇らないマスクないんか」って事でして、それが今回見つけたこのマスクですよ。

防寒・防塵・防花粉・自転車用マスクだぁーっ!!

寒さを防止して、更に塵を防止し、花粉も防止、そして自転車用というまぁ要するにスポーツマスクだぁーっ!!(笑)

これをつけた時に完全にあれですよ、ジョジョ2部のジョセフ・ジョースターを連想しましたよ…(笑)

ってわけで実際につけてみた感想とか行きます。

使ってみた感想まとめ

とりあえずサクッと使ってみた感想について書いておきます。

空気穴が動いて呼吸する仕組み

マスクの内側
内側はこのようになってまして、一応フィルターがついてます。

黒い部分を回す事でパカっと外す事が出来ます。ここを外してフィルターの交換が可能、フィルター自体は別のメーカーでも使えます。

これで切り替えが可能なのでフィルターがへたってきたら交換すると良い感じです。

つけて呼吸すると黒い部分にある蓋がパカパカ動くので、そこで地味に呼吸出来ます。

吸う時はフィルター越しに空気を吸って、吐く時は透明な部分がパカっと開いて吐き出す事が出来ます。

マスクの内側
この白い部分ですね、ただこれ使ってると結構湿って来るので、そこがちょっと気になりますね…(笑)

個人的には使っててそんなに気になる点はなかったかなと…。

鼻をフィットさせないと曇りやすくなるので注意

ただしこのマスクでも、鼻の部分をフィットさせないと曇りやすくなってしまいます。

鼻の部分を押さえつけるゴム製の留め具みたいなのがあるので、これを上手く使って鼻の隙間を減らす事がメガネを曇らせない上では重要ってことになりますね。

そうすると結構良い感じにマスクが機能します。マスクを上の方に持って行くと鼻の隙間をうめやすくはなりますが、その際にアゴの部分に隙間が出来たら意味がないので、そこだけは注意です…(笑)

気密性はかなり高い

正直な話、普通のマスクよりかなり気密性は高いように感じます。

ただし花粉をシャットアウト出来る代わりに呼吸がしづらいのも事実。

個人的にはこれが最も気になった部分ではありました。

呼吸がしづらくもなるので、クロスバイクを漕いでいる時に結構キツかったりはします…(笑)

耳かけがついているのでズレ落ちづらい

似たようなモデルのマスクで耳掛けがない物も結構見ました。

今回のマスクは耳掛けがついてますが、それでもちょっと下にズレそうになりました。ただ個人的には気になるほどズレ落ちてきてはいないので、許容範囲だと思います。

それでもこれで耳掛けが無かったらちょっと厳しいかなぁ…とは本当に思いました…。

顔のサイズでフィット感が大幅に異なる

困ったことに顔のサイズに凄く左右される商品です。

左右に関してはまだ締め付ければ何とかなりますが、上下はなんともなりません。

僕は顔がデカイからフィットしましたが、妻につけてもらったら顔が小さくてブカブカでした…顔が小さい人は要注意ですね!良かった顔でかくて!顔がでかくて初めて良かったと思いました、いやー顔がデカイって良いなぁ!(悲しい)

顔が小さい人は注意してくださいね…ケッ…。

最初はゴム臭さはある

最初だけですが、ちょっとゴム臭い感じはします(笑)

ただ個人的にはそれよりも花粉症の方が怖いので、あまり気にしませんでした。

そもそも花粉症の症状が出ていると鼻水が出まくるので臭いなんてどうでも良いですしね…。

臭いなんかより症状の軽減が今回の主な目的なので、そこは目をつむりました。

スポンサードリンク

メガネの曇りはかなり軽減できる

少なくとも市販の一般的なマスクに比べると、かなり軽減をする事は出来ました。

もう普通のマスクだと上から漏れまくるので、どうしてもつけた瞬間から曇るので、使い物になりません…(笑)

ですがこのスポーツマスクならちちょっとぐらい曇る程度なので、そこまで問題はありませんでした。

少なくとも「前が見えない」ってほどにはなりませんでしたね。

走ってると曇りは軽減される

普通のマスクの時は全くダメでしたが、このマスクの時は走っててちょっと風が当たればすぐに曇りが軽減されるレベルではありました。

言い換えると「止まってる時は徐々に曇りだす」「風がないと曇りだす」って事も言えるかも知れませんね…(笑)

暖かい気候になってきてたら、走ってる間は問題ないって事かも知れません…わからんけど…これは別の季節でも使ってみないとダメかな…でも花粉症対策って意味では、この暖かい季節で効果が発揮されれば十分ですよね。

マスクの鼻の部分の調整はしっかりやろう

マスクの鼻の部分をしっかり抑えてあれば問題なく曇りは軽減出来ます。

繰り返しますが鼻の部分を主に見ておかないとすぐにメガネが曇ってくるので、その点については主に鼻を見ておけばOKな感じです。

僕はよく外国人に間違えられるぐらい鼻が高い方なんですけど、結構上の方に持って来ないとダメだってことに後で気付きました…(笑)

これらは個人差があると思うので、自分に合った場所を探した方が良さそうです。

花粉症もかなり抑える事は出来た

僕自身は本当にマスクがないと鼻水がダラダラ垂れ流れるぐらいの花粉症なんですが、今回は試しに花粉症対策メガネとマスクをつけて走ってみたんですけど、走ってる間は全く大丈夫でした。

もちろん山の方に向かって走ってみて、あえて「スギ花粉よいらっしゃーい!」と浴びてきたんですけど、それでも大丈夫でした。

だからマスク自体は結構フィルターの効果も高いと思います。ちょっと息苦しくなるってデメリットはありますが、クロスバイクを乗りながらでも花粉症を避けるには必須のアイテムかも知れません。

また他にも花粉症対策はしていくつもりですが、一番現実的なのはこういう物理的にシャットアウトする方法だなぁ…ってのが現状の結論ですね。

もちろんちょっと変なマスクをしているので、結構歩行者の皆さんにはジロジロ見られますし、辛い面はあります…(笑)

一番は薬で抑えられる事なんですけど…それが出来てれば苦労はしないっていうね…。